ワキガの改善は自宅でできる!家庭用ワキガ治療器は水虫にも効果的です。

家庭用ワキガ治療器の紹介

ワキガを医療機関で治療したい場合、さまざまな治療方法があります。ワキガの悩みを解消したいけど手術をするのは怖い…と悩んでいる方には、家庭用のワキガ治療器がおすすめです。

家庭用ワキガ治療器

家庭用ワキガ治療器は専用サングラスを着用して約5分間脇に光を照射するだけで、ワキガの原因である白癬菌が全て死滅します!

さらに白癬菌は水虫の原因にもなるので、家庭用紫外線治療器NEW「UVエミッター」はワキガだけでなく水虫の改善にも効果的です。

家庭用紫外線治療器NEW「UVエミッター」


持ち手部分が握りやすい形をしているので、手が疲れることなく光を照射できます。

製品の詳細を見る

家庭用紫外線治療器ボディードクターUV2


高さ81mm×幅67mm×厚さ21mmのかなりコンパクトなサイズです。

製品の詳細を見る

医療機関で受けることができるワキガ治療

医療機関で受けるワキガ治療では、ワキガの原因である汗腺を除去したり機能を弱めたりする治療を行います。

6種類のワキガ治療方法について調べてみました。

※クリニックによっては違う名前で呼んでいる場合や、独自に開発した方法を用いられている場合もあります。

切開法

脇の広範囲を切開してワキガの原因である汗腺を除去する手術です。

一度でほとんどの汗腺を除去できるので、根本的にワキガの原因を取り除くことができます。

ただし広範囲を切開する為身体に与えられるダメージが大きく、入院や療養が必要となる場合があるのがデメリットです。脇に大きな傷跡も残ってしまいます。

剪除法(せんじょほう)

脇の狭域を切開して汗腺を除去する手術です。

目視で汗腺を除去することができ、切開法と同じように一度でワキガを改善できます。

毛根も取り除く為、脱毛効果を得ることもできる方法です。

レーザー・超音波治療

脇に光を照射して汗腺を破壊する手術です。

身体への負担が少なく傷跡が残りにくいのですが、全ての汗腺を除去することはできません。

吸引法

脇の狭域を切開し、汗腺を吸引して除去する手術です。

傷跡が残りにくく身体への負担がかかりません。しかしレーザー・超音波治療と同様に汗腺の一部は残ってしまいます。

シェービング法

脇の狭域を切開して、レーザー照射で汗腺を除去する手術です。

傷跡が残りにくく、多くの汗腺が除去できます。

しかし全ての汗腺を除去することはできず、数日間の療養が必要です。

注射治療

脇の下にボトックス注射を打って汗腺を止める手術です。

注射を打つだけなので手軽に受けることができます。

しかし汗腺を減らす手術ではないので、一時的な効果しか得ることができません。

参考著書


ワキガ・多汗症を治す―専門医からのアドバイス 発生メカニズムとさまざまな治療法と問題点
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る


体臭恐怖 体のニオイで人を恐れるあなたに
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

▼他にはこんな記事がおすすめ
私ってワキガなの?確認方法と原因・気付いた時にすぐできる対処法を紹介。
ワイシャツの脇部分が黄色に…!洋服の黄ばみを落としたい時の対処法
通販サイトでお取り寄せできる!関東地方のご当地アイスクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です