遅刻や寝坊がやめられない人はうつ病かも。甘えや気合の問題ではなく環境の変化が必要です。

尿漏れを予防したい

約束の時間を守るために前日から準備や計画をしているのに、なぜか寝坊してしまう…。

いつも通り起きているのに体が重くて結局遅刻してしまった。

自分以外の人がこんな状態になっていたら、「甘えている」と感じるでしょうか?

私は「気合でなんとかする」という精神論が好きではありません。

「気合を出したいのに気合が出ない」ということは、「何か理由がある」のだと思っています。

もしこの記事を読んでいるのが「遅刻や寝坊が続く」本人ではなく家族や周囲の人間であるならば、「遅刻や寝坊には甘え以外の理由もある」と理解してあげてほしいです。

遅刻や寝坊が続く時は、うつ病のセルフチェックがおすすめ

遅刻や寝坊が治せなかった時、一人暮らしから実家暮らしに変えて数日経つと規則正しい生活ができるようになりました。

「忙しい日々へのストレス」や「疲労の蓄積」が原因だったのだと思います。環境を変えてからも数日間は布団に横になったまま動けなかったのですが、徐々に活力を取り戻しフリーランスになる前に2年ほど継続して正社員として働くこともできました。

「うつ病は甘え」だと考えている人もいますが、「甘え」だとしても環境の変化は必要です。

実際に私は遅刻や寝坊に悩まされた数年後、病院で「膠原病」と診断されました。
(※こちらの記事で体験談を書いています。→「【体験談】長く続く手足の痺れ・痛みや痒みのないあざの正体は膠原病でした。」)

原因不明の血栓が体内に大量に発生していました。遺伝+環境要因で発症すると言われていますが、明確な原因は解明されていません。

私は病院に行って「うつ病」と診断されたわけではないので、病気が原因で体が重い状態が続いていた可能性が高いです。

「うつ病」と診断されることは恐ろしいことではありません。原因がわかれば、対策を考えることができます。

私が「膠原病」と診断されたように、別の病気が隠れている可能性もあるのです。

どうか無理をせず、自分の体を大切にしてあげてください。

無料で診断できるセルフチェック

いきなり病院で診断してもらう勇気が出ない方には、まずはインターネット上で提供されているセルフチェックを利用するのがおすすめです。

・cocooru診断

・うつ病ネット

・メンタルヘルス無料診断

最近になって過去の自分の症状を思い出してセルフチェックを行ってみたのですが、3種類の診断すべてで「うつ病の可能性が高い」と診断されました。

現在の自分と過去の自分を比較すると、状況が大きく変わりました。

「うつ病かもしれない…」と感じていた時は夜寝付けないことが多かったのですが、今では毎日就寝時間と起床時間が固定されています。

いつもより疲労が溜まっている時は起床時間が遅くなることもありますが、人との約束時間に遅刻することもありません。

病院に行って「うつ病ではない」と診断される可能性もありますが、自分の体に少しでも異変を感じたら病院で診てもらうことをおすすめします。

他の病気でも同じことが言えますが、A病院では「うつ病ではない」と言われても、B病院では「うつ病です」と言われることもあるのです。

私のように「うつ病ではなく別の病気が発覚する」場合もあります。

遅刻や寝坊を繰り返す自分から変わりたい、元々そんな人ではなかったのに遅刻や寝坊を繰り返すようになった人がいる…。

そんな時にはまずうつ病のセルフチェックを行ってみることをおすすめします。

「うつ病の可能性がある」と結果が出た場合は、症状の理由がわかるまで病院を受診してください。


▼他にはこんな記事がおすすめ

会社を辞めたい人はYouTuber「ゴリラゴリラ」の就活・新入社員ネタ動画を観てほしい。
料理が面倒…。兼業主婦や一人暮らしを助けてくれる食事・食材のサービス
フリーライター1年目の仕事内容とおすすめの案件の探し方【体験談】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です