魚の目は再発する!魚の目が足指・足裏にできる理由を紹介。

魚の目の対処法

歩いている時にふと足に感じる違和感…。足の裏や指の間に魚の目ができてしまうと痛いですよね。見た目もよくないので、魚の目ができると周囲の目が気になって裸足になれないでしょう。

さらに魚の目は一度できてしまうと再発する場合が多いです。魚の目の悩みを根本的に解消する為には、魚の目ができる原因を知る必要があります。

なぜ足の裏に?魚の目ができる原因

魚の目とは人間の皮膚の最も表面にある角質層が、一点に集中して刺激を受けて分厚くなった状態を指しています。中心が魚の目の用に丸く見えることから魚の目と呼ばれていて、大人の足の裏や足指にできる病変です。魚の目ができてしまう6つの原因をご紹介します。

魚の目の原因①靴のサイズが合っていない

自分の足よりも小さいサイズの靴を履き続けていた場合足の指先が靴に当たったり、指先が曲がった状態で固定されてしまったりと指が靴の中で圧迫されてしまいます。靴のサイズが自分の足よりも大きい場合も、歩く度に靴の中で足が滑って指先が圧迫されてしまうのです。魚の目は足の特定の部分に集中して刺激が加わり続けるとできてしまいます。自分の足に合ったサイズの靴を履くようにしましょう。

魚の目の原因②クセのある歩き方

足を怪我した経験がある人は、当時のことを思い出してみてください。膝に痛みを感じている時って、つい膝の痛みをカバーするようにして歩いてしまうのではないでしょうか。足の一部分の痛みをかばうようにして歩くと、足裏の特定の場所に集中して負担がかかってしまうのです。痛めている部分がなくても、重心が偏るなど独特のクセがある歩き方をしてしまうと足裏の一部分に集中して刺激が与えられてしまいます。

魚の目の原因③冷えた足

足が冷えている人は、そうでない人に比べて靴の圧迫から刺激を感じやすくなります。その為冷え性の人ほど魚の目ができやすい傾向があるのです。足に常に冷えを感じている人は、足を温めたり身体の内側から冷え性を改善してみましょう。


魚の目の原因④ハイヒールを長時間履くことが多い

ハイヒールを履いている時には、体重を足裏全体でしっかりと支えるのが難しくなります。つま先が圧迫されやすい状態のまま歩くことになるのです。さらにつま先が細くなっているデザインの靴の場合、より指同士が圧迫され魚の目ができやすくなってしまいます。

魚の目の原因⑤開張足(かいちょうそく)

5本の指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態の足が開張足です。外反母趾や内反小趾などの病変の原因になることもあります。ハイヒールやパンプスを毎日のように履いている女性は開張足になりやすい傾向があるのです。開張足によりアーチが崩れてしまうと、足指の付け根あたりに集中して力がかかって魚の目ができやすくなります。

魚の目の原因⑥糖尿病

糖尿病が引き起こす合併症の1つに神経障害があります。神経障害はひどくなると手足の感覚が鈍くなってしまい、サイズの合わない小さな靴を履いていても違和感を感じにくくなってしまうのです。手足の感覚が鈍くなると魚の目ができやすいだけでなく、痛みを感じることができない為気付かないうちに魚の目が悪化してしまう場合もあります。傷口が化膿した時にすぐに気付けるように、糖尿病を患っている方は定期的に足裏のチェックを行いましょう。

魚の目とタコの違い

魚の目と似たような症状の“タコ”は、皮膚が外側に厚く盛り上がって黄色ぽい色をしています。魚の目の場合は皮膚が内側に突き刺さって神経を刺激し、一点に集中して刺激を受けた角質が円すい状の芯のような状態になって神経を圧迫するのです。タコには芯がないので痛みがない場合が多く、角質層が分厚くなっている分外部からの刺激も感じにくくなります。また魚の目は足の裏や足指にできるのですが、タコの場合は指など足以外の身体の部分にもできます。

自宅でできる魚の目ケアにおすすめな商品

この記事に「魚の目 対処法」などの検索結果でたどり着いた人は、今すぐにでも自分の足裏の魚の目を消し去りたいのではないでしょうか。魚の目ができる前に予防しておくのが最も理想的ですが、できてしまったものは仕方ありません。自宅で魚の目を対処する場合は、市販の薬もしくは魚の目除去商品を使用します。自分に合った魚の目の対処法を探してみましょう。

スピール膏 ワンタッチEX【第2類医薬品】 / ニチバン


薬剤とパッドがセットになっているワンタッチタイプです。サイズ調整シールで薬剤範囲を調整して使用できます。付属の保護用パッドが魚の目を外部からの刺激による痛みから守ってくれるので、痛みの改善にも効果的です。

Amazonで購入する

イボコロリ 液 / 横山製薬


キャップに付いている棒で魚の目に1日4回液体を塗布する液体タイプの塗り薬です。角質を柔らかくしてくれるサリチル酸を配合していて、素早く乾燥して白い皮膜をつくります。

Amazonで購入する

うおの目カッター / ニッケンかみそり


ハンドルを軽く握って魚の目にあて、ひっかけるようにしながらゆっくりと滑らせて魚の目を取り除きます。魚の目の症状改善だけでなく、定期的な足裏の角質ケアにも利用可能です。

Amazonで購入する

魚の目を皮膚科で治療する

魚の目の症状が進行し過ぎていて自宅では対処できない場合もありますよね。皮膚科で魚の目を治療する場合、分厚くなってしまった角質を除去する治療を行います。治療方法は塗薬や器具を用いて削り取る方法、炭酸ガスレーザーなどさまざまです。主に用いられている魚の目の治療方法について見ていきましょう。

塗薬で角質を柔らかくする

魚の目ができている部分にサリチル酸メチルなどの塗り薬を数日間貼り付けて、角質を柔らかくする治療方法です。

角質柱を除去する

硬くなった角質を柔らかくするスピール膏を魚の目部分に数日間貼り付け、角質を柔らかくした後に円すい状になって皮膚に食い込んでいる角質を切り取ります。角質の切除はメスやはさみで行う為、麻酔をしてから切り取る場合もあります。切除後は1~5日程度痛みが続いてしまうので注意しましょう。また病院によっては角質の切除前に麻酔をしてもらえない場合もあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。

患部を凍結して壊死させる

液体窒素を用いて患部を凍結させる冷凍凝固療法では、複数回の治療が必要です。

手術治療

局所麻酔をして痛みを感じない間に、魚の目部分をメスで切開して中心の芯を除去する外科手術です。手術後には魚の目によって感じていた痛みよりもひどい痛みを感じるようになる場合が多くあります。費用も魚の目治療の中では高額な治療方法です。

炭酸ガスレーザーで切除する

メスで切除する場合と同様に局所麻酔を行うのですが、魚の目の切除には炭酸ガスレーザーを使用します。外科手術よりも痛みや出血が少ないのですが、傷の改善には1ヶ月程度の長い時間がかかってしまうのがデメリットです。

まとめ

自分の足裏に魚の目を発見したら…すぐにでも除去したいですよね。特にプールや海、温泉などで裸足になる予定がある時に魚の目なんてできてしまったら、周囲の目が気になってしまうのではないでしょうか。

魚の目は発見した時にすぐに対処すると市販薬で改善できます。

足裏を定期的にチェックしておくと、魚の目ができてしまっても早期発見できるでしょう。日頃から足の一部分に集中的に刺激が与えられないように注意しておくことも大切です。

▼他にはこんな記事がおすすめ
ワイシャツの脇部分が黄色に…!洋服の黄ばみを落としたい時の対処法
通販サイトでお取り寄せできる!静岡県・愛知県のご当地アイスクリーム
左利きのYouTuberって誰がいるの?男性・女性の左利きYouTuberまとめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です