つみたてNISAや株式投資を始めたら確定申告をしなければいけない?/ 投資勉強日記⑥

つみたてNISAにかかる税金

つみたてNISAなど株式投資を始めると、売却や配当金により利益を得ることができます。
しかしこれらの株式投資により発生する利益には、どちらもそれぞれ税金がかかり確定申告(納税)しなければいけません。

株式投資を始める時には、同時に株式投資にかかる税金についても学んでおくのがおすすめです。

つみたてNISAは確定申告不要

つみたてNISAを始めたとしても、基本的には非課税なので確定申告を行う必要はありません。
例えつみたてNISAで10万円の利益が発生した場合でも、10万円をそのまま受け取ることができるのです。

一方株で発生した利益分の納税は、確定申告をしなければいけない場合と確定申告をしなくてもいい場合があります。

証券口座の種類によって課税方法が異なる

株式投資から得る売却益を所得という視点から考えると、譲渡所得に該当します。

証券口座には特定口座と一般口座の2種類があり、利用する口座によって譲渡所得に対する課税方法が異なるため注意が必要です。

またNISAを利用する場合には、通常の株式投資とは違いNISA専用の口座を開設します。
口座ごとの特徴をまとめました。

・特定口座(源泉徴収あり)
原則として確定申告を行う必要はありません。証券会社が年間取引報告書を作成してくれます。

・特定口座(源泉徴収なし)
年間取引報告書を使って簡単に確定申告ができます。年間の利益が20万円を超えた場合は、確定申告をしなければいけません。源泉徴収なしの特定口座でも、証券会社が年間取引報告書を作成してくれます。

・一般口座
自分で損益を計算し管理します。取引ごとの取引報告書のみが作成され、特定口座のような年間取引報告書は作成されません。

・NISA口座
年間120万円の限度額内で投資を行った場合、株式投資による利益にかかる税金が最長5年間非課税になります。証券会社が年間取引報告書を作成してくれますが、損益通算や損失の繰り越し控除はできません。

会社員で給与所得以外の収入が20万円以内の人は、納税が免除されるという特例があります。
この特例を利用したい場合は、特定口座(源泉徴収なし)を選びましょう。

ただし納税が免除される特例がある一方で、株取引で出た利益が38万円以下の場合には還付を受けられることがあります。

他に収入のない専業主婦の場合、所得税や住民税の計算の際に一律で差し引かれる基礎控除38万円を譲渡所得から差し引くこともできるのです。

またNISAについては、こちらの記事でNISAの魅力やつみたてNISAとの違いについて紹介しています。

NISAとつみたてNISAの違いとは。どっちを使うべき? / 投資勉強日記②

株の売却益にかかる税金計算の基本

株の売却益にかかる税金はまず譲渡所得を計算し、確定した譲渡所得の金額に税率をかけて所得税額を計算します。

譲渡価額ー必要経費(取得費+譲渡費用+借入金利子)=譲渡所得の金額

譲渡所得の金額×税率20.315%=所得税額

通常の証券口座で株式投資を行った場合は、上記の計算式で求めた税金を納税しなければいけません。

しかしつみたてNISAでの利益は非課税なので、1年間の投資金額が40万円以下の場合は節税できるつみたてNISAでの投資がおすすめです。

自分で資産運用を始めるのが不安…という方は、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持つお金のプロに相談してみましょう。

株の配当金の受取方法は3種類ある

株の配当金の受取方法には、株式数比例配分方式、登録配当金受領口座方式、配当金領収証など3種類の方法があります。

NISA口座で配当金を非課税にできるのは、証券会社ごとに保有株数に応じた配当金が証券口座に入金される株式数比例配分方式のみです。

登録配当金受領口座方式を利用する場合、複数の証券会社で株を保有していても、すべての保有株の配当金がまとめて指定した金融機関の口座に振り込まれます。

そして配当金領収証による受取は、企業から直接郵送されてくる配当金領収証(配当金受領証)を金融機関に持参して配当金を受け取る方法です。

配当金にかかる税率は源泉徴収されているため、受け取った時点で納税は終了しています。

参考著書


ゼロからはじめる株入門 コツコツ稼ぐ投資術
製品の詳細を見る

▼他にはこんな記事がおすすめ
株って何がお得なの?株主優待券以外にもメリットがある! / 投資勉強日記
自宅で働くフリーランスは家賃・光熱費の何割りを経費として計上できる?
楽天証券のつみたてNISA口座を開設!ポイントを活用できます。/ 投資勉強日記⑤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です