子供の時書物占い(ビブリオマンシー)にはまっていた。当たる無料サイトを紹介。

書物占い(ビブリオマンシー)

小学生の高学年から中学生にかけて、私は友達と一緒に「おまじない」にはまっていました…。

美容情報に加えておまじないや占いを紹介する「My Birthday(2006年12月号で廃刊)」を毎月購入するほどでした。

書物占い(ビブリオマンシー)にハマったのも、「My Birthday」の付録がきっかけです。

この記事の最初に出てきた画像の本が「My Birthday」の付録で、1日1回自分が悩んでいることへの答えをくれるという本でした。

書物占い(ビブリオマンシー)は本が用意できれば誰でも挑戦できる簡単な占いです。

プロの占い師の方に鑑定してもらう時とは違った楽しさがある書物占い(ビブリオマンシー)の占い方法とおすすめの本やアプリを紹介します。

書物占い(ビブリオマンシー)のやり方や本を紹介

書物占い(ビブリオマンシー)には、自分1人で悩み事へのアドバイスを探すことができるメリットがあります。

一度やり方を覚えてしまえば、専用の本以外にも辞書や小説などでも占うことができるのが魅力的です。

書物占い(ビブリオマンシー)は、質問を決めてから直感で本を開くと自分が知りたいことが書かれているページが開かれるという占いです。

恋愛・仕事・人間関係などさまざまな悩みを占うことができます。

書物占い(ビブリオマンシー)の手順

①本を選ぶ
書物占い(ビブリオマンシー)には、直感で自分が使いたいと感じる本を選びます。

②質問を決める
どんなジャンルの悩みでもいいので、今1番自分が知りたい質問を決めましょう。

③本を両手で挟み、手触りや厚みを感じる

④目を閉じて心の中で質問を唱える

⑤直感で本のページを開く

⑥本に書かれた内容を占い結果として受け取る

書物占い(ビブリオマンシー)のやり方にはさまざまな方法がありますが、「質問を唱えて直感でページを開く」という部分は必ず行いましょう。

もしも小説や辞書などページの中からメッセージを受け取るのが難しい本を選んだ場合は、ページを開いた後に再度目を閉じて指で本を指します。

指し示した部分の単語が本からのメッセージです。

声を出せる状況であれば、本から貰ったメッセージを声に出して読みましょう。

不思議なことに、自分が知りたかった質問の答えを本が教えてくれます。

しゃべくり007で紹介された「魔法の杖」

テレビ番組「しゃべくり007」で紹介され、話題になった書物占い(ビブリオマンシー)の本が「魔法の杖」です。

人気占い師の鏡リュウジさんが監訳していて、開いたページには短いメッセージが書かれています。

メッセージとして完成した状態で質問の答えを受け取ることができるので、本に書かれた文章から質問の答えを解釈する必要がありません。

製品の詳細を見る

実は私が雑誌の付録で書物占い(ビブリオマンシー)にハマっていた頃、中学の同級生が「魔法の杖」を図書室で見つけて書物占い(ビブリオマンシー)にハマっていました。

「これ凄いよ!当たり過ぎて本屋で買ってしまった!」

そう言った友達は片思い中の恋愛についての悩みを「魔法の杖」に相談し、毎日アドバイス通りに過ごした結果好きだった男の子に告白して上手くいっていました…。

「掃除した方がいいって言われて掃除したら付き合えた!」

と言っていた記憶があります。元々本人は魅力的だったのですが、「魔法の杖」のおかげで自信が持てた部分もあるのかもしれません。

そういえばずっと伸ばしていた髪をある日突然ばっさり切って、めちゃくちゃ可愛くなっていたこともありました。

ちなみに私は「ブログを1日10記事毎日更新していることに対して、吉と出るか凶と出るか不安です…。」と聞いてみたところ…

「ワンドのプリンセスを引きました。抗うことなんてできますか?」

と出ました。ええ、抗えません。

「ワンドのプリンセス」がわからず調べてみたところ、タロットカードの1枚でした。

「魔法の杖」の公式ホームページでは、無料体験版を試すことができます。

私の友達の恋愛を成就させた「魔法の杖」で書物占い(ビブリオマンシー)を始めてみたい!という方は、まずは無料体験版を試してみてはいかがでしょうか。

無料体験版を試す

黒猫アミューのタロット占い

本を買ったりアプリをダウンロードするのは少し面倒だな…と感じている人には、「黒猫アミューのタロット占い」という無料サイトがおすすめです。

恋愛・仕事・人間関係に占いのカテゴリーが分けられていて、知りたいことに合わせて占いを選べます。

「魔法の杖」と同じように質問の答えをメッセージとして表示してもらえるので、自分で答えの意味を解釈する必要がありません。

黒猫アミューのタロット占い

書物占い(ビブリオマンシー)は心の支えだった

書物占い

雑誌が廃刊した時がちょうど中学1年生だったのですが、中学校を卒業するまではおまじない好きは続きました。

受験や恋愛、友達関係など、子供特有の悩みがあったのだと思います。

振り返ってみると毎日の生活のことを考えている今の方が大変ですが、子供の時は目の前のことに精一杯でした。

心の支えが欲しいな…と思った時は、紹介した無料サイトや本を使って書物占い(ビブリオマンシー)を試してみてください。

▼他にはこんな記事がおすすめ
メルカリ・ラクマで発送先を間違えた。私が実際に対処した方法を紹介。【体験談】
【体験談】ポケットワークの通勤テレフォンレディって稼げるの?在宅型・チャットとの違い
メルカリ・ラクマでの洋服・ハンドメイド作品の販売に役立つ撮影グッズ10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です