盗難防止!車上荒らし対策に役立つセキュリティグッズを紹介。【防犯】

車上荒らし対策

駐車場に駐車している自動車の中から物を盗難する犯罪「車上荒らし」。

車上荒らしの犯人は鍵穴を壊したりガラスを割ったり、物を盗むために車を破壊します。

物を盗まれるのもショックですが、大切な自動車を破壊されるのも本当に悲しいですよね。

この記事では車上荒らしの被害に遭わないために日頃からできる防犯対策や、備えておきたいセキュリティグッズを紹介します。

車上荒らし対策と効果的なセキュリティグッズ

車から離れる時には物を持って出る

車上荒らし対策として最も効果的なのが、車内に貴重品を置いたまま車を離れないという対策です。

少しの間だからと油断していて、車内に積んでいたゴルフバッグや挿したままのETCカードを盗まれてしまう…そんな事例もあります。

大きな商品を購入した帰り道など、どうしても車内に荷物を残さなければいけない場合は人目に付きやすい駐車場を選びましょう。

明るくて監視カメラに映る範囲の駐車場がより望ましいです。

自動車盗難警報機を付けておく

自動車盗難警報機の作動音を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

集合住宅の駐車場やスーパーの駐車場などで、中にいた子供が外に出ようとしただけで「プープー」と甲高い音が鳴り響きます。

凄く目立つため誤作動の場合恥ずかしい気持ちになってしまいますが、それほど敏感に反応してくれるという証拠でもあるのです。

自動車盗難警報機はドアの開閉を検知するドアセンサーや衝撃を検知するセンサーなどにより、自動車の傾きを敏感に検知して大きな音や光を発します。

空き巣対策で窓に取り付ける警報機と同様に、音が鳴った途端に犯人がその場から立ち去るように威嚇する効果のあるセキュリティグッズです。

自動車のドアを閉めるだけで警戒を開始し、異常を検知すると大音量の警報が鳴るとともにリモコンにも通報してくれます。

強弱2段階の衝撃やドア開検知など、車上荒らしによる犯行を検知してくれるセキュリティグッズです。

製品の詳細を見る

防犯フィルムを窓ガラスに貼る

冒頭にお話したように、車上荒らしは車内に高価な品物を見つけると自動車を破壊してでも物を盗もうとします。

空き巣でも技術のいるピッキングを選ばず、中に人がいないとわかれば大胆に窓を割って侵入する犯人もいるのです。

しかし窓ガラスに防犯フィルムを貼っておくと、通常の窓ガラスよりも破壊するのに時間がかかってしまいます。

ガラスを割ってしまった経験がある方なら、割れる瞬間にとても大きな音が鳴るのを聞いたことがありますよね。

小さな花瓶や食器を割っただけでも大きな音が鳴りますが、自動車の窓ガラスのようにそれなりの面積があるガラスならより大きな音が鳴ります。

犯行に時間がかかるとわかると、どんなに車内に高価な品物があったとしても諦める確率が高くなるのです。

ドライブレコーダーを取り付ける

自動車に人や物の動きを検知して録画を開始する、動態検知機能付きのドライブレコーダーを取り付けておくのも効果的です。

さまざまな場所で防犯カメラが犯罪の抑止力になっているように、ドライブレコーダーが付いているとわかっただけで犯行をやめる犯人もいます。

ドライブレコーダーは車上荒らしだけでなく、自動車へのいたずら防止にも効果的です。

落書きや傷などが付いていた場合でも、ドライブレコーダーで撮影された映像から犯人を早く捕まえることができます。

自宅の駐車場にセンサーライトを取り付ける

自宅の駐車場で車上荒らしの犯行は、住民が寝静まった夜間に行われる場合が多いです。

人が近寄っただけで明るくなるため、車上荒らし防止効果があります。

また防犯カメラを設置している場合、防犯カメラにより鮮明な映像が残るメリットもあるのです。

明るくなることで、犯人に防犯カメラの存在を認知してもらいやすくもなります。

自由度の高いセンサーライトなので、多種多様な場所に簡単に取り付けられます。

製品の詳細を見る

自宅の駐車場が写る範囲に防犯カメラを設置する

防犯カメラの設置は、周囲に防犯対策をしているとわかりやすくアピールできるのが魅力です。

莫大なメリットがない限りは、リスクを犯してまで車上荒らしをしたいと思う犯罪者は少ないでしょう。

自宅と駐車場の距離が近ければ、空き巣対策と同時に車上荒らし対策も行えます。


人や物の動きに反応して録画が自動的に開始される、動態検知機能が付いている防犯カメラです。

録画範囲内で動きを検知した際に、ブザーでお知らせするように設定できます。


動きを検知した瞬間の30秒前まで遡って録画を開始できるので、人が画面に映り始める瞬間から最後まで記録できます。
製品の詳細を見る

長時間離れる時はボディカバーを付けておく

自宅のガレージや駐車場に自動車を駐車して離れる時には、ボディカバーが車上荒らし対策として大きな効果を発揮してくれます。

毎回自動車を使用する度にボディカバーを外さなければいけないデメリットがありますが、その分犯行にも時間がかかってしまうことが目に見えてわかります。

中の状態も確認できないため、車上荒らしの対象として選ばれる確率がかなり低くなります。

外出先で長時間自動車から離れる時にもおすすめの防犯対策です。


車上荒らしだけでなく、駐車時の雨や鳥のフン、ホコリ、黄砂などから車体を守ってくれます。

製品の詳細を見る

人目に付きやすい駐車場を選ぶ

自宅前の駐車場が最も便利なうえに防犯対策を行いやすいのですが、自宅から離れた月極駐車場を利用しているという人もいますよね。

駐車料金の安さに惹かれて人通りの少ない駐車場を選ぶ人もいますが、車上荒らし対策としてはおすすめできません。

また外出先で駐車場を選ぶ時にも、可能な限り人目に付きやすい場所を選びましょう。

お店の入口付近は人気が高く空いていない場合が多いですが、人通りが少なく監視カメラに映らない範囲に駐車すると車上荒らしに狙われる確率が高くなります。

もしも車上荒らしの被害に遭ったら…

冒頭に説明したように、車上荒らしの被害に遭った場合物が盗まれているだけでなく自動車も破壊されている可能性が高いです。

任意保険で「車両保険」を契約しておくと、自動車が破壊された部分の修理費用として保険金が支払われます。

自動車に最初からカーナビが備え付けられていた場合は、カーナビ分の修繕費用も併せて補償される場合が多いです。

後付けタイプのカーナビは、補償の対象になる特約を付帯しておくと補償されるようになります。



▼他にはこんな記事がおすすめ
【一人暮らしの防犯対策】宅配便や郵便など荷物の受け取り方7選
【防犯対策】エレベーター付き物件に引っ越す時にチェックしたいポイント
お金が足りない!1時間以内に現金を用意したい時におすすめの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です