楽天証券のつみたてNISA口座を開設!ポイントを活用できます。 / 投資勉強日記⑤

新しい挑戦

投資の勉強を始めつみたてNISAに興味を持ち始め、ついに楽天証券でつみたてNISA口座を開設しました!

楽天証券のつみたてNISAの魅力

楽天証券でつみたてNISA口座を開設するメリットや、私が楽天証券での口座開設を選んだ理由についてご紹介します。

つみたてNISAについて詳しく知りたい!という方はこちらの記事をご確認ください。

NISAとつみたてNISAの違いとは。どっちを使うべき? / 投資勉強日記②

楽天ポイントが投資に活用できる

楽天証券でつみたてNISA口座を開設した場合、楽天グループの各サービスを利用して貯まった楽天ポイントを投資信託の積立に活用できます。

私が証券会社選びに悩んだ結果、楽天証券を選んだ最大の理由です。

楽天ポイントは投資信託の購入代金の一部、もしくはすべてに利用できます。

毎月3,000円の積立設定をして500円分を楽天ポイントで支払うこともできますし、毎月500円の積立設定をして現金を一切使用せずに500円分をすべて楽天ポイントで支払うこともできるのです!

貯まった楽天ポイントの解消のために無理に買い物をする必要がなくなるうえに、お金を使わずにつみたてNISAを始めることができます。

楽天カード決済でさらにポイントが貯まる

楽天カードを持っている人であれば、さらに楽天証券をお得に利用できます。

楽天証券の投資信託の積立の引き落としに楽天カードのクレジットカード決済を利用することで、決済額100円につき楽天ポイントが1ポイント付与されるのです。

毎月3,000円の積立を楽天カードで決済すれば、実質2,700円で3,000円分のお金を積み立てることができます。

楽天カードは他の楽天サービス利用時にも楽天ポイントを貯めることができるので、楽天証券で口座を開設する人は楽天カードも発行しておくのがおすすめです。

楽天証券でつみたてNISA口座を開設してみた

2020年8月末に楽天証券口座の開設を申し込み、先日口座開設が完了しました。
口座を開設する際に行ったさまざまな手続きについて画像付きでご紹介します。

楽天証券でつみたてNISA口座を申し込む手順

楽天証券のつみたてNISA口座は、オンライン申込に対応しています。

必要事項を入力し本人確認書類をアップロードすると、1~2日で本人確認書類や申込内容の審査が行われつみたてNISA口座が開設されます。

楽天証券でつみたてNISA口座の開設が完了すると、楽天証券からこんなメールが届きました。
楽天証券からのメール
メールに記載されている通り、7日以内に書留で自宅に封筒が届きます。

届いた封筒の中には、開設された楽天証券口座のログインIDやパスワードが記載された紙が入っています。
楽天証券口座を開設してみた

楽天証券つみたてNISA口座の開設手順

楽天証券ログインページ

届いた書類に記載されているログインIDとパスワードを使用してログインすると、まず最初に新しいパスワード取引暗証番号を設定します。

その後口座開設の動機や投資経験の有無など、投資に関する質問に答えて勤務先を登録しました。

私の場合は個人事業主なので自営業・勤務先なしと選択しましたが、勤務先がなくても口座を開設できたのでご安心ください。

質問の回答が終了すると、マイナンバーの登録を行います。

郵送もしくはアプリで登録できるのですが、速く手続きが完了するのはアプリです。

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ
開発元:Rakuten Securities, Inc.
無料
posted withアプリーチ

つみたてNISAの設定

①楽天証券にログインして「商品・サービス」の項目から「NISA・つみたてNISA」を選択します。
楽天証券口座トップページ

②投資信託(ファンド)を選びます。個別銘柄・ファンド一覧・パッケージの3つから選べるのですが、初めてつみたてNISAに挑戦する私は銘柄名やファンド一覧から選ぶことができなかったのでパッケージから選択しました。

③引落し方法・積立指定日を選択します。積立金の引落し方法は5種類ありました。

・証券口座の預り金から引落し。楽天銀行から自動入金できます。
・楽天カードクレジット決済
・楽天銀行
・楽天カード支払口座からの引落し。楽天ポイントは付与されないのでご注意ください。
・その他金融機関

楽天ポイントの利用は証券口座もしくは楽天クレジットカード決済でなければできません。

楽天ポイントは、毎月(毎日)の利用ポイント上限を設定できます。

「すべての利用可能ポイントを使う」という選択肢もあり、私は利用可能ポイントをすべて利用するように設定しました。

積立指定日は毎月〇日もしくは毎日を選択できるのですが、毎日積立は引落し方法で証券口座を指定していなければ利用できません。

④積立金額・分配金コース・ボーナス設定を入力
楽天証券のつみたてNISAは100円から積立金を設定できます。
私は主に楽天ポイントを使用していきたいので、毎月500円の積立から始めてみることにしました!

⑤投資信託(ファンド)の目論見書・約款を閲覧し、同意

⑥取引暗証番号を入力して注文したら積立設定が完了

楽天証券でつみたてNISA口座を開設してみた流れはこのような感じでした!
私の最初の引落し日は10月1日です。

今後も投資についての勉強を続けていき、新しい発見や挑戦があれば投資勉強日記で更新していきます!

▼他にはこんな記事がおすすめ
ふるさと納税を利用すると税金はいつどのくらい安くなるの? / 投資勉強日記④
iDeCoってどんな制度?加入すると何がお得になるの? / 投資勉強日記③
株って何がお得なの?株主優待券以外にもメリットがある! / 投資勉強日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です