医療費の削減・節約に効果的なジェネリック医薬品ってどんな薬?

医療費の節約に効果的なジェネリック医薬品

持病があって定期的に通院している場合、毎月の医療費は大きな出費になってしまいますよね。それでも薬は重要です。毎月の薬代を少しでも節約したいという方は、病院で貰う薬をジェネリック医薬品に切り替えてみましょう。

ジェネリック医薬品ってどんな薬?

ジェネリック医薬品がどんな薬なのかわからないから挑戦できない…。こんな悩みを抱えている人もいますよね。薬剤師の方が書いたお医者さんにもらった薬がわかる本 その薬、ジェネリックでいいですか?という本を参考に、ジェネリック医薬品が安い理由についてまとめました。

ジェネリック医薬品が安い理由

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」と呼ばれることもあり、開発費がかからない分安い値段で購入できる薬です。「安い薬なんて心配…」と感じてしまう人も多いようですが、ジェネリック医薬品は国の厳しい審査基準に合格しなければ製造・販売できません。有効成分の種類・量などは変えてはいけないという厳しいルールの元、製造・販売前に審査が行われています。

定期的に処方されている薬の場合かなり費用を削減できるので、診察時に医師にジェネリック医薬品への変更を相談してみましょう。薬局で処方箋を渡す前でも変更できますし、初診の際に病院や薬局で「ジェネリック医薬品の希望の有無」を聞かれる場合もあります。

どれくらい医療費がお得になるのか

ジェネリック医薬品と新薬でどの程度費用に差があるか気になる場合は、日本ジェネリック製薬協会の公式HP内の「かんたん差額計算」で確認可能です。もしも今毎月の薬代で困っている場合は、自分が処方してもらっている薬がジェネリック医薬品に切り替えできるのか確認してみましょう。

高血圧症・糖尿病・認知症などで日頃定期定期的に薬を処方してもらっている場合、年間5,000~1万円程度削減できます。ただし特許が切れていない新しい薬の場合、ジェネリック医薬品に変更できないこともあるのでご注意ください。

それでもジェネリック医薬品を利用するのが不安…

ジェネリック医薬品の方が安いとわかっていてもまだ不安を感じる…。そんな人には、薬剤師の方が書いたお医者さんにもらった薬がわかる本 その薬、ジェネリックでいいですか?という本がおすすめです。ジェネリック医薬品と新薬の違いや、どの薬をジェネリック医薬品に切り替えるべきかかなり詳しく解説されています。

参考著書


お医者さんにもらった薬がわかる本 その薬、ジェネリックでいいですか?
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
U-nextで読んでみる


得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! / 丸山晴美
¥880(税込)

楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る


▼他にはこんな記事がおすすめ
ワイシャツの脇部分が黄色に…!洋服の黄ばみを落としたい時の対処法
7月21日にオープンした「フラワーミッフィー juice garden 浅草店」のドリンクが可愛い!
通販で購入できる大阪府・京都府のお取り寄せご当地アイス!【おうちで旅行気分】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です