コロナウイルスに対抗!串カツ田中のソース提供方法が変わりました。

串カツ田中ソースの提供方法変更

新しい串カツ田中のソース提供方法

2020年6月12日(金)から、串カツ田中は全店舗において新型コロナウイルス感染症対策の為ソースの提供方法を変更しました。

直接からソースディスペンサーを使用した方法へ

今までの串カツ田中では、「ソースは直接つけて食べる」という提供方法でした。新型コロナウイルス感染症が世間に広まるごとに、串カツ田中では「ソースの二度づけ禁止」や「利用後のソースは使いまわすことなく廃棄」など、衛生面を徹底した営業が行われていました。

しかし衛生面を考慮してさらに安全なソースの提供方法を検討し、6月12日(金)からソースの提供はソースディスペンサーを用いて行われることになりました。ソースディスペンサーは、注文完了後テーブルの人数に応じて本数を調整して提供されます。お通しキャベツの提供方法には変更ありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

串カツ田中【公式】(@kushikatsu_tanaka)がシェアした投稿

今まで通りソースに直接つけて食べることもできる!

「串カツ田中は直接ソースにつけて食べるのが美味しかったのに~!」
と残念に思っている方もいるのではないでしょうか。

ご安心ください。従来の提供方法を希望される場合、ソースディスペンサーと一緒に空き容器を提供してもらうことができます。新型コロナウイルス感染症を予防する為始めから容器に入ったソースを提供してもらうことはできませんが、空き容器に自分でソースを入れて直接つけて食べることはできます。

▼他にはこんな記事がおすすめ
【今日のお得情報】買い物・食事・サービスを安く利用できるキャンペーンまとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です