小2のとき知らない大人に無理やりキスされた。子供が性犯罪の被害に遭った時にやってほしいこと。

子供を守りたい

小2の頃、友人と遊んだ帰り道に私も知らない男性に無理やりキスをされたことがありました。

しかも「5分だけ遊ぼう」と言ってアパートの踊り場に連れ込んで。

子供の頭では「キス=犯罪」と考えることはできなかったし、暴力や口止めするように脅されることはありませんでしたがなぜか親に言うことができませんでした。

たぶん子供ながらに、「親に言ったら悲しむ」「知らない人についていったことを怒られる」「もう忘れたい」と思ったのです。

小学生に無理やりキスをするのは犯罪なのか。

被害に遭う子供たちは知識がなく親に言うことができない場合も多いのですが、キスでもハグでも触る・触らせるのも犯罪です。

罪を犯したと判断し、逮捕できます。

この記事では自分の経験上やっておくべきだと思った「子供を守るための不審者対策」と、「子供から被害に遭った事実を聞いた時にやるべきこと」についてまとめました。

目次をタップもしくはクリックすると読みたい部分に飛ぶことができます。

被害に遭った事実を聞いた時にやってほしいこと

冒頭に書いたのですが、子供に無理やり「キスをする・ハグをする・プライベートゾーンを触る・触らせる・見る・見られる」などの行為は犯罪です。

あってはならないことですが、もしも自分の子供から「今日知らない人に触られた」「後ろから抱きつかれた」と報告された時には以下の行動をしてあげてください。

しっかり話を聞いてあげる

忙しい時間に子供に話しかけられると「はいはい、あとでね」と言ってしまいそうになりますが、子供が帰ってきてすぐに何か話しかけてきた場合はしっかり聞いてあげてください。

「お母さん忙しそうだから言うのやめようかな…」「言っても信じてもらえないかもしれない…」と感じると、子供が「嫌なことがあった」と伝えることができなくなる場合があります。

しかし今後の子供の安全を守り心のケアを行うためには、しっかりと話を聞いてあげなければいけません。

また日頃から子供の話をたくさん聞いてあげておくことも必要です。

「いつもみたいにうるさいと思われるかもしれない」「これってそんなに大事なことなのかな?」と子供が感じてしまうと、「子供が不審者に遭遇した」という報告を親が聞くことができません。

いつも見守ってあげられないからこそ、子供の話をしっかりと聞いてあげてください。

「プライベートゾーン」について認知していても、「知らない人に触られた」「変なものを触らせられた」と明るい声で言ってくる場合もあります。

「子供が傷ついていないのなら問題ないか…」と考えてしまう人もいますが、「つきまとい・待ち伏せ・再犯」を防止するためにも警察への通報が必要です!

また「傷ついていない」のではなく「わかっていない」だけな場合が多く、何もしないでいると大人になって理解できるようになってから苦しみます。

私は小2の時の体験ですが、他の学校のことは忘れてしまっても不審者のことは忘れられません。
鮮明に覚えています。

いつも通りの表情で言われても、しっかりと話を聞いてあげてください。

警察へ通報する

子供の様子が落ち着いたら、警察へ不審者に遭遇した事実を伝えましょう。

子供の証言のみで現行犯以外で犯人を捕まえるのはとても難しいですが、子供の衣服や皮膚から犯人の指紋を採取することができます。

警察の技術は日々進歩しているんです。本当に凄いなと思います。

嫌な思いをした後で気持ち悪いかもしれませんが、お風呂に入る前に警察へ行きましょう。

もしも犯人に前科があれば指紋で絞り込めますし、前科者でなかった場合でも指紋の採取は犯人捜しに役立ちます。

また警察へ通報する目的は指紋の採取のみではありません。

通報することで事件に遭遇した場所の周辺や自宅付近を警察がパトロールしてくれるようになります。

小2の時ではありませんが、19歳の時に不審者に後ろから腰を掴まれた時に警察はパトロールをしてくれるようになりました。

パトカーがずっといるわけではないのですが、犯罪者への抑止力にはなります。

警察が動いている様子がないと犯人が感じると、「あの子は言わない子」と判断されて再び狙われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

子供が成長したら小児性愛障害について教える

被害に遭った直後は「思い出すのも嫌だ」と感じている子供が多いですが、何年か時間が経過したら「小児性愛障害」という障害に苦しんでいる人がいる事実を教えてあげるのもいいと思います。

子供への犯罪は決して許されることではないですし、子供に「きっと病気だから許してあげて」と言う必要はありません。

しかし私は成長して「小児性愛障害」という病気のようなものがあることを知った時に、不思議とその存在を理解しようと思うことができました。

子供への犯罪だけでなく、いじめや怨恨による事件なども原因があって起きている場合がほとんどです。
無差別犯罪事件ですら加害者が原因を持っています。

世の中には「治そうと思っても治せない人もいる」「我慢しようと思っても我慢できない人もいる」という危険性を認知させるためにも、「小児性愛障害」について知るのは大切なことだと思います。

できれば悲しい体験はするべきではないのですが、被害者の多くが私のように大人になった時に「もう二度とこんな目に遭いたくない」「自分の子供を守りたい」と強く誓うようになる人が多いはずです。

下記YouTube動画では、小児性愛障害に悩む過去に子供に対する犯罪を繰り返していた人がインタビューに答えています。

被害に遭ったことのある人やその親にとっては胸が苦しくなる内容かもしれません。

しかし「子供に興味がある」人が「自分は小児性愛障害なのだ」と気付いて病院を受診するまでかなり時間がかかるという悲しい事実が語られています。

今の日本では「小児性愛障害を定期的に検査する」という決まりはありません。
「子供が好き」と「小児性愛障害」も紙一重です。

この動画を視聴した後、私は「自分の子供や身近な人が小児性愛障害に苦しむ」可能性もあるのだと自覚しました。

小学生だとまだ早いかな…と思う内容です。
お母さんでも「気持ち悪い…」「胸が苦しい…」と感じる人もいるかもしれません。

動画でも最初に「気分を害する方がいるかもしれない」と呼び掛けています。
今後の防犯対策として「小児性愛障害」について知っておきたい…という方は視聴してみてください。

お母さんってみんなすごい。

私は19歳の時に2回目の被害に遭うまで、「心配しすぎ」「他の子はやっていない」などと防犯対策に「恥ずかしい」と感じ不審者対策を甘く考えていました。

でも今なら当時親が「子供だけで〇〇に行ってはいけない」「暗くなったら迎えに行く」と言っていた意味や優しさがわかります。

全国各地の子育て中のお母さん。本当に尊敬してます。
毎日たくさんの家事をしながら子育てをして…中には共働きで働いているお母さんもいますよね。

お恥ずかしい話、27歳になってようやくお母さんの愛を深く感じることができました。
もっと早くお母さんの愛情に気付けるお子様もいれば、子供を産んでから気付いた…という人もいるのではないでしょうか。

私も未だに親の行動に反発してしまうこともあります…。どんなに仲がいい親子でも、喧嘩してしまう日もありますよね。

なかなか子供にお母さんの想いが伝わらない日々が続くと思いますが、私のようにある日突然母の優しさに気付く日が来ます。

「お母さん心配しすぎ」「お母さん干渉しないで」と言ってくる反抗期のお子様もいるかもしれませんが、子供を危険から守ろうと奮闘するお母さんは本当に素敵です!

私は子供産むどころかまだ結婚もしてないですが、自分の最悪な体験を子育てに活かせるようになりたいなと思っています。

犯罪に巻き込まれず毎日楽しく生活できるのが理想ですが、もしもお子様が「知らない人に嫌なことをされた」と言ってきたら、ゆっくり話を聞いてぎゅっと抱きしめてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です