ワイシャツの脇部分が黄色に…!洋服の黄ばみを落としたい時の対処法

黄ばみの対処法

毎日きちんと洗濯しているのに、脇の汗ジミが黄ばんで落ちない…!こんな風に困ってしまうことってありますよね。脇部分ってなかなか見えない部分ではありますが、ふとした瞬間に脇の汗ジミが見えてしまうこともあります。不潔なイメージを持たれてしまう前に、脇の黄ばみの原因を理解して綺麗に落としておきましょう。
宅配・宅配保管クリーニング - 美服パック -

脇の黄ばみの原因は皮脂汚れ

なぜ洋服の脇部分が黄ばんでしまうのか

黄ばみの原因は皮脂です。皮脂は脂溶性の汚れなので水に溶けにくく、普通に洗濯するだけでは皮脂汚れを完全に落とすことはできません。少量の皮脂汚れであれば目立ちませんが、汗をかいて少しずつ皮脂汚れが蓄積していくと黄ばみが目立つようになります。

黄ばみの予防には、汗を素早く吸い込んで閉じ込めてくれる「汗取りパッド」がおすすめです。使い捨てタイプや洗濯して繰り返し使用できるタイプなど、さまざまな汗取りパッドが販売されています。脇汗パッド付のキャミソールなどもあります。

・汗取りパット 40枚20組入 / アイリスオーヤマ

Amazonで購入する

・インナーキャミソール クールマジック・着る日焼け止め 汗取り付 / グンゼ

Amazonで購入する

黄ばみができやすい季節はいつ?

皮脂に水分を加えた状態で温度の高いところに放置してしまうと、黄ばみになってしまいます。特に黄ばみに注意したいのが冬物衣類です。皮脂汚れは季節に関係なく付着していて、衣類を保管する前にきちんと皮脂汚れを落としておかないと保管中に黄ばみが発生してしまいます。春から夏にかけての高温多湿な状態で保管してしまうと、冬になって取り出した頃には黄ばみが酸化して簡単に落ちてくれなくなるのです。冬物衣類は保管前にきちんと皮脂汚れを落とし、保管中も定期的に除湿と換気を行いましょう。

また夏は黄ばみの原因となる皮脂の分泌が増える季節です。黄ばみを予防したい場合は、毎回着用後に洗濯で皮脂汚れをしっかりと落としましょう。皮脂は温度が高いほど溶けやすくなるのですが、あかなどのたんぱく質の汚れは温度が高いと固まって落ちにくくなるので注意が必要です。40℃程度のお湯に1時間程度つけ置きすると皮脂汚れは落ちます。

制汗剤を変えることで黄ばみがひどくなる場合もある

制汗剤が黄ばみの原因になっている場合もあります。汗やほこりが粉末の固形物と混ざり合って蓄積すると、酸化して黄ばみになってしまうのです。制汗剤に黄ばみを引き起こす成分があるわけではないので、制汗剤を使用するだけで黄ばみができてしまうわけではありません。しかし特定の制汗剤を使用している時だけ黄ばみがひどくなる場合は、自分の汗と制汗剤の相性が悪い可能性もあります。制汗剤の種類を変えて、黄ばみの変化を確認してみましょう。


脇部分の黄ばみはどう対処すればいい?

脇汗による黄ばみは、酸化した皮脂汚れなので普通に洗濯するだけでは落とすことができません。

重曹で黄ばみを落とす

油を乳化させて浮き上がらせる効果がある重曹は、皮脂汚れによってできてしまった黄ばみに効果的です。重曹を水と混ぜて作った重曹ペーストを黄ばみに直接塗り込んで30分ほど放置してから洗濯するだけで、黄ばみが簡単に落ちてくれます。黄ばみに塗布する重曹ペーストは、重曹2:水1の割合で作りましょう。重曹ペーストは洗濯機で洗う前に簡単にすすいでおきます。黄ばみに直接重曹ペーストを塗布することで、重曹が皮脂汚れにしっかりと密着してくれるのです。

酸素系漂白剤で黄ばみを落とす

重曹ペーストで落ちないほど頑固な黄ばみには、酸素系漂白剤を使用してみましょう。40℃前後のお湯で皮脂汚れをゆるませ、選択用洗剤を黄ばみに直接かけてもみ洗いをします。この時使用する洗剤には、界面活性剤が含まれている洗濯用洗剤を選ぶのがポイントです。皮脂汚れの上には、油の膜が張っています。油の膜が張っている状態のまま漂白剤につけ置きしても、水をはじいて繊維の奥まで浸透できない場合があるのです。

もみ洗いが完了したら洗剤をすすぎ、40℃前後のお湯に規定量の酸素系漂白剤を入れてつけ置き液を作ります。30~60分を目安につけ置きが完了したら、つけ置き液を軽くすすいで洗濯機で洗いましょう。皮脂には冷えると固まってしまう性質があります。皮脂汚れを落とすのには、40℃前後のぬるま湯が最適です。同じ衣類を何度か着た場合や衣替えで収納する際には、漂白剤を使用して洗濯しておくと黄ばみ予防効果が高まります。

クリーニングに出す

自宅でどうしても除去できなかった黄ばみは、クリーニング店にシミ抜きを依頼しましょう。シミ抜きの料金設定は各クリーニング店で異なります。しかしクリーニング店のシミ抜きは油のシミや水のシミを落とすのは得意なのですが、皮脂の酸化による黄ばみを落とすのは苦手です。しかし中には黄ばみを落とすことに特化したオプションメニューを用意しているクリーニング店もあります。脇部分が黄ばんでしまった洋服をクリーニング店に依頼する時は、黄ばみに強いクリーニング店を選びましょう。

宅配クリーニングと保管のラクリ 通常用

衣替え後に役立つ便利な宅配クリーニング

夏から冬、冬から夏など季節が移り変わると、半年程度全く着なくなる洋服がありますよね。暑い時期に厚手の洋服を着る必要はないですし、凍えるぐらい寒い時期に薄手の洋服を着て過ごす人は少ないでしょう。

オフシーズンの洋服を収納する前に一度まとめてクリーニングに出しておくと、皮脂汚れをしっかり落として綺麗に保管できます。大量の洋服をまとめてクリーニングに出したい時には、ネット注文で簡単に利用できる宅配クリーニングがおすすめです。


BIFUKU PACK

宅配・宅配保管クリーニング - 美服パック -
「BIFUKU PACK」はインターネットで注文して洋服を詰めて送るだけで利用できる、宅配クリーニング店です。創業40年の老舗クリーニング店が宅配サービスを始めて、宅配では創業10年以上の実績があります。スマートフォンやパソコンから24時間申し込み可能です。

発送費や送料が無料なことに加えて、ボタン付け、毛玉取りなどの洋服の簡単なメンテナンスも無料で行ってもらえます。さらに一部有料プランを利用した場合、一般的なシミ抜きも無料です。初期段階の黄ばみであれば綺麗な状態に戻してもらえます。

LACURI

宅配クリーニングと保管のラクリ 通常用
LAKURIは国が定める国家資格クリーニング師の資格の保有者19名が在籍している宅配クリーニング店です。依頼した洋服をクリーニングしてもらえるだけでなく、最大10ヶ月間保管してもらえます。衣替えをして半年程度全く着ないような洋服がある場合、クローゼット替わりに利用することもできるのです。

保管してもらっていた洋服は、希望の時期にシワになりにくい梱包で配送してもらえます。さらにLAKURIでは、シミ抜き料金が別途必要になることはありません。預けた全ての洋服に検品作業を行い、シミ抜きが必要と判断された場合には無料でシミ抜きをしてもらえます。

まとめ

洋服の黄ばみは汗の付着を防いだり、こまめに皮脂汚れを落としたりすることで予防できます。夏の間しまっておいた冬服を取り出すと洋服の脇部分に黄ばみを発見…!なんてことになってしまうと、予想外のハプニングで困ってしまいますよね。オフシーズンの洋服を収納する時には、事前に黄ばみ対策を施しておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です