【iPhoneを安く買う方法】格安SIMやキャッシュバック・下取りを活用する。

iPhoneを安く買う方法

iPhoneを購入する時に実践したい、通常価格よりも安く買う方法を紹介します。

格安SIMで購入する

格安スマホがたくさんありすぎて、どこの会社で購入すればいいのかわからない…という方もいるのではないでしょうか。

この記事ではキャッシュバック特典が用意されている格安SIMと、家族で契約するとお得になる格安SIMをご紹介します。

ワイモバイルへの乗り換えで20,000円貰える

ワイモバイルは速度制限にかかっても制限後の速度が1Mbpsと一般的な格安SIMより速いのが特徴的です。

ワイモバイルで購入できるiPhoneは以下の4種類です。(2020年9月時点)

・iPhone SE 64GB 39,600円
・iPhone SE 128GB 46,080円
・iPhone 7 32GB 22,320円
・iPhone 7 32GB 34,560円
※金額は税込表示です。

さらに現在ワイモバイル正規販売代理店のヤングモバイルでは、ワイモバイルのスマホとSIM乗り換えもしくは新規契約で現金20,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

格安SIMでさらにお得にiPhoneを購入したい人には、ヤングモバイルからの購入がおすすめです!

ヤングモバイルHP

UQモバイルなら家族みんなで節約できる

UQモバイルでSIMカードとセットで購入できるiPhoneは下記の4種類です。(2020年9月時点)

・iPhone SE 128GB 43,200円
・iPhone SE 64GB 32,400円
・iPhone 7 128GB 25,200円
・iPhone 7 32GB 18,000円
※すべて税抜表示です。

またUQモバイルでは家族割が利用でき、3人分のスマホが毎月4,940円~利用可能です。

さらに60歳以上の方なら、最大6カ月間無料で24時間いつでもかけ放題で利用できる通話オプションが付いてきます!

家族みんなのスマホ代を節約したい…という時には、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの公式ホームページには、1分で簡単に計算できる料金シュミレーションシステムが設置されています。

家族全員で購入した時の費用を見積もりたい方は、公式ホームページの料金シュミレーションを利用してみてください。

UQモバイルHP

3大キャリアのサポートを使って購入

ソフトバンク・au・ドコモの3大キャリアでは、下取りを条件としたお得なサポートが用意されています。

現在3大キャリアで契約している方は、各会社のお得なサポートを活用するのもおすすめです。

ソフトバンクのトクするサポート+

48回払いで購入したスマートフォンを25ヶ月目に返却もしくは買い替えを行うと、返却以降の端末残高が無料になります。

さらに買い替えを行わずに端末を返却すると、PayPayボーナスが貰えるんです。

ただし回収機種が指定条件を満たせない場合は、22,000円の支払いが必要になるのでご注意ください。

auのかえトクプログラム

24回払いで購入したスマートフォンを25ヶ月目に返却もしくは買い替えを行うと、機種代金の分割支払金のうち最終回分の支払いが不要になります。

ただし指定条件を満たせずプログラムを適用する際には、22,000円の支払いが必要です。

ドコモのスマホおかえしプログラム

36回払いで購入したスマートフォンを36ヶ月以内に返却すると、返却以降の端末残債が無料になります。

ただし指定条件を満たせずプログラムを適用させる場合は、20,000円の支払いが必要です。

ドコモの端末購入割引

対象端末の購入金額が5,500円~22,000円安くなります。
新規・乗り換えともに割引されるサービスです。

下取りプログラム

使用中のスマートフォンを下取りに出すと、新しいスマートフォン購入代金から下取り相当額を割引してもらえます。
3大キャリア共通で利用できるサポートです。

下取りに出すスマートフォンの状態がよければ新品のiPhoneも60,000円程度安く購入できます。

買い替えの際に端末が手元に残らなくてもいいという方におすすめな方法です。

携帯ショップの下取りプログラムだけでなく、スマートフォンに特化した買取業者で査定してもらうこともできます。

ソフトバンクへの乗り換えはケータイ乗り換え.comがお得

他キャリアからソフトバンクに乗り換えてiPhoneを購入する場合は、ケータイ乗り換え.comを利用するのがおすすめです。

ケータイ乗り換え.comを利用してソフトバンクに乗り換えると、もれなく全員に2万円がキャッシュバックされます!

さらに契約後も6カ月間は毎月1,100円の割引が適用されるんです。

端末購入後はソフトバンクのサポートサービスを受けることもできます。

他キャリアからソフトバンクへの乗り換えを検討している方は、この機会にお得に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

ケータイ乗り換え.com HP

中古品を購入する

中古ショップのほか、au PAYマーケットなどのキャリア提携ショップや格安SIM(MVMO)でも中古品を購入できます。

販売当時に品薄で手に入れるのが難しかったカラーや端末でも、中古品であれば安く購入できる可能性が高いです。

中古ショップで購入したiPhoneはキャリアの保証には入れないのですが、格安SIMで購入すると中古iPhoneでもキャリア保証に入れます

Apple認定整備済製品を購入する

初期不良が原因で即返品された端末や、以前使用していたユーザーが14日以内になんらかの理由で返品した端末は、Appleで整備が行われ「認定整備済製品(CPO)」という名目で販売しなおされています。

新品同様のiPhoneを最大15%オフで購入できるのが魅力的です。


▼他にはこんな記事がおすすめ

【節約】楽天トラベルでお得に予約する5つの方法
初期費用・料金が安くなるワードプレスブログの始め方【WordPress】
山形県のお取り寄せできるご当地アイスクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です