新型コロナウイルスの影響で中国から帰国。遠距離恋愛中の女性の体験談

コロナの影響で遠距離恋愛に

日本在住24歳女性×中国在住23歳男性
付き合った後遠距離になり現在も継続中です。

カップル

多くの人を困らせた新型コロナウイルス感染症により、1組のカップルも厳しい環境を強いられていました。

新型コロナウイルス感染症の影響で中国から帰国し、彼氏と1年以上会うことができていない女性の体験談を紹介します。

新型コロナウイルス感染症が遠距離の始まり

新型コロナウイルスが中国で猛烈に流行りだした2020年1月頃、私の身を案じた家族から日本への帰国を促され帰国。それから現在2021年1月まで約1年間、私自身のビザが切れてしまったり、現地での就職がなかなか決まらなかったり、さまざまな理由でずっと遠距離恋愛をしています。

アプリが2人を会わせてくれた

私が中国の大学院に進学し現地の大学に通っているとき、友人に前からお勧めされていたアプリを利用していたときのことです。中国の暇なときにアプリ上で誰か話し相手を見つけて、メッセージ交換や電話ができるアプリです。夜なんとなく暇で誰かと話したいと思っていたら、偶然彼とマッチして知り合いました。

遠距離恋愛中のデートの頻度

ゼロ

離れてから連絡が増えたことに愛情を感じた

以前中国で彼も私も一人暮らしをしていたときは、電話はともかくチャットのメッセージでさえ全然してくれなかったのにも関わらず、私が日本に帰ってきてからは朝の「おはよう」から夜の「おやすみ」まで自分から率先して連絡をくれるようになり、とても愛情を感じました。

私の遠距離恋愛での失敗

毎日のようにテレビ電話でお互いの近況報告などをしていたからか、彼から電話がないとすぐにこの人浮気したんじゃないかと過剰に反応するようになってしまい、重い女になってしまったように感じました。

遠距離恋愛に役立つアイテム

中国のアプリなのですが、「With同屏」と呼ばれるアプリがおすすめです。このアプリはお互いが別々の場所に居ながらも画面を共有することができ、一緒にテレビや映画を観ながら同時に電話で相手の声をリアルタイムで聞くことができます。

※中国のアプリであるため、日本で使用することはできません。

テレビ電話のおかげでより相手を理解できるように

もう遠距離になって1年ですが、私たちはほぼ毎日テレビ電話をしているおかげで、以前一緒にいたころより話す機会や内容が増えました。オンラインデートのおかげでもっと相手を理解できるようになったように感じます。

遠距離恋愛を成功させるために必要だと思うこと

やはり一緒にいるに越したことはないのですが、何らかの理由で一緒に入れない状況に対してお互いに文句を言ったり、不満を口にしたりするような悲観的な見方ではなく、一緒に楽しむ心構えが大切だと思います。そのために今度会ったら「○○に行きたいね」や「○○食べたいね」など、未来のわくわくするような話を盛り込むことが必要だと思います。



遠距離恋愛中に彼氏にされて悲しかったこと

遠距離恋愛特に国を跨いでの恋愛になると、連絡が命と言えるほどメッセージや電話でのやり取りがとても大事です。それは悲しいことに会えないからそうするしかない、もはやそれしかできないのが現実です。それなのに私の電話を無視してゲームをやり続けた彼にはがっかりしたし、とても悲しかったというエピソードがあります。

今遠距離恋愛を頑張っている人におすすめな映画

映画「きみに読む物語」

何年もの時を経て互いに歳を重ね、認知症になり記憶をなくそうと、二人の思い出や愛情が風化することは決してない。二人の愛が本物ならば絶対に結ばれる。そう思わせてくれる作品で大好きです。




「きみに読む物語」はU-NEXTで無料視聴が可能です!
無料登録する

ほかの人の遠距離恋愛体験談はこちら

\あの人は今どんな気持ちなの?/

▶毎月最大2,450円分無料で占える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です