彼氏の転勤で2年半の遠距離恋愛になりその後結婚!会う頻度は1ヶ月に1回でした。

遠距離恋愛中に交換ノート

京都府在住24歳女性×岡山県在住24歳男性
遠距離恋愛後今は結婚しています。

京都と岡山の遠距離恋愛

京都と岡山で2年半の遠距離恋愛を乗り越え結婚した女性の体験談です。

高校の部活で彼と出会った

私と彼が知り合ったのは、高校生の頃でした。

同じ部活の先輩後輩という関係です。
私が先輩で相手が後輩でした。

男女一緒に部活の練習をすることが多かったのと、共通の友人がいたので、その友人を介してメール交換をしメールのやり取りをする仲になりました。

彼が岡山県に転勤することに…

遠距離恋愛になった理由は、相手の仕事の都合です。
相手の仕事は全国転勤がある仕事だったのですが、基本的には関西での転勤と聞いていました。

しかし、実際に転勤先となったのはまさかの中国地方。

遠距離恋愛が続くという自信は無かったのですが、京都と岡山は新幹線で1時間程度の距離です。
そのためとりあえず別れないで遠距離恋愛をしてみようとなりました。

遠距離恋愛中のデートの頻度はどれくらい?

1ヶ月に1回〜2回です。

遠距離カップル月1デートから結婚
▲当サイトで遠距離恋愛体験談をお話してくれた男女52人に聞いた「遠距離恋愛中のデートの頻度」

1ヶ月に1回…23人
半年に1回…6人
2週間に1回…5人
2ヶ月に1回…4人
コロナで1回も会えていない…5人
週に1回…4人
1年に1回…2人
4ヶ月に1回…2人
3ヶ月に1回…2人

彼が慣れない手付きで作ってくれた手料理

いつもは私が相手の自宅に行って食事を作るという関係だったのですが、ある時彼が私のために手料理を振舞ってくれたことがありました。

慣れない手付きで始まった料理は時間がとてもかかりましたが、彼が私のことを考えて作ってくれたということが嬉しかったです。

きちんと一汁三菜で私の好きな料理だったのも嬉しかったです。

近いうちに同棲したい…と考えている遠距離カップルには、こちらの記事がおすすめです。
▶同棲を始める遠距離カップルに必要な準備・初期費用を手順に沿って解説!   




新幹線での移動中に失敗…

私の仕事が終わってから、相手の自宅に向かっている時のことです。

なんと新幹線の中で寝過ごしてしまい、次の駅まで行ってしまったことがありました。

仕事で疲れていたのと、少し体調が悪かったのもあり、目を覚ました瞬間はパニックで思考停止状態。

今なら笑い話ですが、当時は新幹線を寝過ごしたことが無かったので、とても焦りました。

遠距離恋愛中に役立ったアイテム

PARCO出版の「ラブ・ダイアリー 恋についての365問」という恋愛日記です。

私が先に上のスペースに書き始めて、相手は私の書いたものを読んでから下のスペースに書いていくとい感じにしました。

遠距離恋愛だったので、交換日記みたいなものがしたくて始めました。

私が思っていることや相手が考えていることをお互いが知ることが出来たので、役立ちました。


製品の詳細を見る

オンラインデートの魅力

相手の飾らない素の表情や服装を見ることが出来るのは、オンラインデートの魅力です。

またじっくりと相手の顔を見ながら話ができるのも魅力だと思います。

実際には会えなくても、相手と繋がっているという事を実感することが出来、お互いを思いやる気持ちが芽生えます。

▼会話するだけのオンラインデートに飽きてきた時にはこちらの記事がおすすめ!

遠距離カップルにおすすめ!オンラインデートの楽しみ方5選【共通の趣味・話題】

遠距離恋愛を成功させるために必要だと思うこと

すぐに会うことが出来ないので、なるべく喧嘩をしないように相手を思いやったり、言葉を選んで発言したりすることが必要だと思います。

自分の時間も大切にして自分磨きや友達と遊ぶなど、ストレスを溜めないようにすることや、手紙やサプライズなどで相手とのデートを工夫したり、思いっきりデートを楽しんだりすることが必要だと思います。

▶【遠距離恋愛中の自分磨き】好きな人や彼氏と会えない時間にできること

遠距離恋愛中に彼氏にされて悲しかったこと

遠距離恋愛でも寂しさを見せずに明るく振る舞って頑張っていたのに、「友達も多いし、遠距離恋愛でも寂しくなさそう。」と相手に言われた事が悲しかったです。

他にも、私と会う予定よりも先に自分の趣味を優先的に予約していたことも悲しかったです。

今遠距離恋愛を頑張っている人におすすめな音楽

絢香「三日月」

何度も聞き、何度も涙し、何度も励まされた音楽です。
彼の自宅から自分の自宅に帰る時によく聞きました。

歌詞が遠距離恋愛の人には共感できると思います。切ないメロディーラインも好きです。

今でも主人とドライブする時に聞くナンバーです。

リアルな遠距離恋愛の模様を歌っているので、遠距離恋愛を応援してくれているような気分になります。

二人で一緒にいる時間が貴重だという事を教えてくれます。

相手もきっと同じ空の三日月を見上げてくれているという思いになり、切なくもなりますが遠距離恋愛を頑張ろうと思える歌です。

歌詞を見る




当サイトでは、遠距離恋愛を経験した男女に聞いたさまざまな体験談を紹介しています。

遠距離恋愛から結婚した人、マッチングアプリで遠距離婚活した人、仕事の事情で週末婚を続けている人など…さまざまな人の恋愛エピソードや恋愛観が集まりました。

男性ってこうゆう時どう思うの?女性は何をしたら喜ぶの?
そんな時に参考になるお話もたくさんあります。

次に会った時のサプライズ計画に悩んでいる…という方の参考になる記事もたくさんありました!

自分と境遇が似ている男女の遠距離恋愛体験談があれば、ぜひ読んでみてください。

  • スライドショー遠距離恋愛体験談

\あの人は今どんな気持ちなの?/

▶毎月最大2,450円分無料で占える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です