石川県と東京都で3年の遠距離恋愛後結婚!会う頻度は2ヶ月に1回でした。

石川県在住21歳女性×東京都在住22歳男性
3年の遠距離恋愛後、今は結婚しています。

石川と東京の遠距離恋愛

石川県と東京都で遠距離恋愛後結婚した女性の体験談です。

知り合いからの紹介で出会った

東京の知り合いを訪ねるついでに観光する私に案内役として知り合いから彼を紹介されたことです。

一緒に東京観光しようと言っていたのに、急用ができた知り合いの代わりになってくれたのが彼でした。

私たちが遠距離恋愛をしていたときは「オンラインでデート」という方法がなくて、電話かメールが主な方法でした。

今とは違ってすぐに顔を見ることはできなかったけど、それでも相手のことを考えながらゆっくりと過ごせる時間が持てました。

オンラインで告白なんていう話も今はありますが、私の場合は彼からの手紙で告白されたのが付き合うきっかけでした。

便箋には緊張したような文字で「付き合ってほしい」と書かれていました。

手紙での告白なんて古風だなと思いつつ、私も手紙で「こちらこそよろしくお願いします」と返事をしてお付き合いがはじまったのですが、その手紙を実はこっそり保管していることを彼は知りません。

自然と遠距離恋愛に

彼から告白されて付き合うようになったものの、遠距離恋愛になったのは仕方がないと思っています。

私は地元が大好きで就職も地元でしていましたし、彼は彼で仕事が東京の大学に通っているので自然と遠距離恋愛になりました。

遠距離恋愛になってしまうのははじめから承知していましたが、やはり寂しいと感じることは多かったです。

遠距離恋愛中のデートの頻度はどれくらい?

1ヶ月半から2ヶ月に一度ほど。

彼は大学で勉学と就職活動などもあっていろいろと忙しかったし、私は私で仕事の繁忙期が長くなかなか会いに行ける暇がなかったのが理由です。

遠距離デートは2ヶ月に1回

▲当サイトで遠距離恋愛体験談をお話してくれた男女77人に聞いた「遠距離恋愛中のデートの頻度」

1ヶ月に1回…31人
半年に1回…10人
2週間に1回…7人
2ヶ月に1回…9人
0回・コロナで会えていない…6人
週に1回…5人
1年に1回…3人
4ヶ月に1回…3人
3ヶ月に1回…3人

手作りのプレゼントが嬉しかった

遠距離恋愛中、なかなか会えないので電話やメールで「寂しい」と言ったとき、彼は「仕方がないよ」となだめてくれました。

数日後、彼から手紙と私が好きな花を押し花にしたシオリを送られてきたのは嬉しかったです。

本好きの私のために彼が手作りしてくれたのだとすぐにわかって、読んでいる本の間に挟んでずっと使っていました。

近いうちに同棲したい…と考えている遠距離カップルには、こちらの記事がおすすめです。
▶同棲を始める遠距離カップルに必要な準備・初期費用を手順に沿って解説!

彼に無理をさせてしまって反省…

遠距離恋愛をしている中で「これは失敗したな」と思ったのは、彼が忙しい時期に限って寂しくなって「話したい」と電話してしまったことです。

彼は私の気持ちに答えようとできるだけ電話をしてくれていたのですが、実は相当無理をして睡眠時間を削っていたと後々知ったときには彼に謝りまくりました。

社会人と大学生では忙しい理由も時期も違うのを失念していたのです

これは本当に反省しました。

▼オンラインデートの楽しみ方はこちらの記事で紹介しています!

遠距離カップルにおすすめ!オンラインデートの楽しみ方5選【共通の趣味・話題】

遠距離恋愛に役立ったアイテム

遠距離恋愛で役立ったアイテムは「手紙」です。

当時はスマートフォンではなく携帯だったのですが、あえて手紙にすることでゆっくりと相手のことを考えながら書くことができました。

なかなか口にすることができない言葉も、手紙だと素直に書けることも多かったし、感謝の気持ちも伝えることができたのが良かったのだと思います。

遠距離恋愛を成功させるために必要だと思うこと

遠距離恋愛を成功させるためには、まず「相手に依存しすぎないこと」が大切です。

相手に求め過ぎたり、相手の思うがままに行動してしまうと必ず歪ができます。

きちんと相手に気持ちを伝えれば不安も解消されます。

次に「相手の邪魔をしない」ことです。

私の失敗談でもありましたが、相手の都合を無視して自分の欲求を押し付けると、相手に負担をかけてしまいます。

そのようなことにならないためにも、あらかじめどんなスケジュールかをお互いに伝えておくといいしょう。

最後に、「相手への感謝と好きという気持ち」を忘れずに言葉にすることです。

手紙でもいいし、今ならラインでもいいです。

▶【遠距離恋愛中の自分磨き】好きな人や彼氏と会えない時間にできること

悲しい

遠距離恋愛中に悲しかったのは、彼が悩んでいるときに直接顔を見ることができなかったことです。

結婚をした今では毎日顔を合わせていますが、遠距離だと当時はなかなか会うことができないので悩みがあっても相談にのってあげられなかったのは悲しかったし、彼も私に無理をさせないように話してくれませんでした。

それで喧嘩をした時期もありますが、お互いに伝えるようにしようと少しずつ改善していきました。

今遠距離恋愛を頑張っている人におすすめな映画

映画「プラダを着た悪魔」

社会人として働きながら遠距離恋愛をしている女性には特に観てほしいです。

ファッションも素敵だし、夢を追いかける女性の恋の悩みなど共感できることも多いのではないでしょうか。

「強い女」である編集長にも悩みがあったり、彼との感情のすれ違いなど当時の自分と重なってしまう部分が多くて何度でも観てしまいます。


当サイトでは、遠距離恋愛を経験した男女に聞いたさまざまな体験談を紹介しています。

遠距離恋愛から結婚した人、マッチングアプリで遠距離婚活した人、仕事の事情で週末婚を続けている人など…さまざまな人の恋愛エピソードや恋愛観が集まりました。

男性ってこうゆう時どう思うの?女性は何をしたら喜ぶの?
そんな時に参考になるお話もたくさんあります。

次に会った時のサプライズ計画に悩んでいる…という方の参考になる記事もたくさんありました!

自分と境遇が似ている男女の遠距離恋愛体験談があれば、ぜひ読んでみてください。

  • スライドショー遠距離恋愛体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です