Twitterで知り合った男性と2年後交際。1年遠距離恋愛をして同棲しました。

日本とカリフォルニアの遠距離恋愛

日本在住25歳女性×アメリカ在住22歳男性
遠距離恋愛後今は同棲しています。

埼玉とカリフォルニアの遠距離恋愛

埼玉県とアメリカのカリフォルニア州で1年の遠距離恋愛を経験し、現在同棲中の女性の体験談です。

Twitterで知り合い2年後直接会うことに

私と彼が知り合ったのはTwitterです。
共通の趣味と友人を介して相互フォローとなりました。

お互い気が合うことがわかってからは、毎日複数回のリプライのやり取りをしていました。

直接会ったのは知り合ってから2年ほど経った頃です。

当時共通の趣味であるとあるアニメの映画が上映されていたのですが、私が手に入れた来場特典式紙が相手の推しキャライラストだったため、それを渡すついでに会うことになりました。

離れた後に好きだと気付いた

彼がアメリカの大学に通うことになったのですが、そのことを知った時は寂しいという気持ちはあるものの恋愛感情は持っていませんでした。

彼は日本人なのですが、2歳から10歳頃までアメリカに住んでいたためアメリカの文化の方が馴染みがあり、特に学校など教育分野で日本では上手くいかない点が多くあったようです。

彼は学力は高いのですが、日本の高校・大学はどちらも中退という結果に。

しかし学習意欲・英語力どちらも高かったため馴染みのあるアメリカの大学に通うことに決めたようです。

そしてアメリカに行ってからも連絡のやり取りが続いていたのですが、次第に連絡を心待ちにしている自分やワクワクしている自分に気がつきました。

恋愛感情なのかな?と考えていたところで彼から告白を受け、付き合うことになりました。

コロナがきっかけで同棲がスタート

告白された時には既に彼がアメリカの大学に進学していたため、付き合い始めから日本とアメリカでの遠距離恋愛が始まっていました。

しかし新型コロナウイルスの影響で、彼が通っていたアメリカの大学が完全オンラインに切り替わりました。

アメリカで日本人が一人暮らしをすることが困難になったことから彼は帰国することになり、現在は同棲しています。

遠距離恋愛中のデートの頻度はどれくらい?

頻度でいえば1年に1回なのですが、相手の大学の長期休暇中は1ヶ月ほど日本に滞在していたため、その間は毎日会っていました。

最初は大学と大学院合わせて6年ほど遠距離恋愛になると考えており、長期休暇による日本への帰国中および年1回の私のアメリカ訪問に合わせて年2回会う予定でした。

しかし先述したとおりコロナによる帰国(+私の渡米キャンセル)により、結果として遠距離恋愛中のデートの頻度は年1回となりました。

日本とアメリカで遠距離恋愛会う頻度
▲当サイトで遠距離恋愛体験談をお話してくれた男女71人に聞いた「遠距離恋愛中のデートの頻度」

1ヶ月に1回…29人
半年に1回…10人
2週間に1回…6人
2ヶ月に1回…6人
0回・コロナで会えていない…6人
週に1回…5人
1年に1回…3人
4ヶ月に1回…3人
3ヶ月に1回…3人

国際便で届くプレゼントが嬉しかった

記念日やホワイトデーなど、特別な日に国際便で手紙とプレゼントを贈ってくれました。

一緒に過ごすことはできませんでしたが、心のこもったメッセージと私が欲しいといったものをプレゼントしてくれたことがとても嬉しかったのを覚えています。

時差があったものの、ほぼ毎日欠かさず通話をしてくれたのも嬉しかったです。

近いうちに同棲したい…と考えている遠距離カップルには、こちらの記事がおすすめです。
▶同棲を始める遠距離カップルに必要な準備・初期費用を手順に沿って解説! 

心配をかけたくないと思い失敗…

遠距離恋愛中仕事関連で大きな悩みを抱えていた時期があったのですが、彼には何も言いませんでした。

悩みがあったら相談してほしいと言われていたのですが、心配をかけたくなかったことに加えて、伝えたところでどうにもならないと思っていたからです。

しかしきっかけは忘れてしまったのですが悩んでいることがバレてしまい、お願いを聞かなかったことや信頼していなかったことで彼をひどく傷つけてしまいました。

遠距離だからこそ隠し事はせず素直に伝える、相手を信頼する必要があったなと思っています。

LINEとGoogleカレンダーが役立った

遠距離恋愛中はLINEとGoogleカレンダーを活用していました。

LINEはテキストメッセージのやりとりはもちろん通話も快適でした。
タイムラグがなく無料で長時間通話できたため非常に役立ちました。

Googleカレンダーはお互いの予定を共有するために使用していました。
仕事や授業の時間を把握しておくことで、連絡を取るタイミングをはかることができていたと思います。

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

丸1日連絡が取れないことがあって…

基本的には毎日欠かさず連絡をしていたのですが、1度だけ彼と丸1日連絡が取れないことがありました。

彼はアメリカで一人暮らしをしていたため、事故や病気など何かあったのではないかと不安になりました。

一人の家で倒れていたりしていないか?
もし相手の身体に何かあったら自分に連絡が来るのはいつなのか?

など、不安で何も手につきませんでした。

結局のところただ朝早くから出かけていて連絡を取る時間がなく、帰宅後は疲れてすぐ眠ってしまっただけでした。

心配したのは自分の勝手な行為ではありましたが、遠距離だからこそ毎日連絡して安心させてほしいという気持ちを裏切られた気がして少し悲しかったです。

遠距離恋愛を成功させるために必要だと思うこと

相手への信頼、そして充実した私生活だと思います。

遠距離恋愛中はどうしても相手の生活に対する不安が付き纏います。
しかし疑ったところで何も良いことはありませんし、関係の悪化につながる可能性も高いです。

そのため相手を信頼する気持ちが大切だと思います。

また、充実した私生活も必要でしょう。

恋人と会えない以上どうしてもさみしさがあります。
しかしさみしがったところで状況は変わりませんし、良い生活とはなりません。

恋人以外の面を充実させて日々を豊かに過ごすことで幸福度が高まると思います。

▶【遠距離恋愛中の自分磨き】好きな人や彼氏と会えない時間にできること
▶遠距離カップルにおすすめ!共通の趣味5選【オンラインデートプランアイデア集】



2020年から2021年にかけては新型コロナウイルス感染症の影響もあり、遠距離恋愛に限らず会える時間が短くなったカップルも多いのではないでしょうか。

当サイトでは、遠距離恋愛を経験した男女に聞いたさまざまな体験談を紹介しています。

遠距離恋愛から結婚した人、マッチングアプリで遠距離婚活した人、仕事の事情で週末婚を続けている人など…さまざまな人の恋愛エピソードや恋愛観が集まりました。

男性ってこうゆう時どう思うの?女性は何をしたら喜ぶの?
そんな時に参考になるお話もたくさんあります。

次に会った時のサプライズ計画に悩んでいる…という方の参考になる記事もたくさんありました!

自分と境遇が似ている男女の遠距離恋愛体験談があれば、ぜひ読んでみてください。

  • スライドショー遠距離恋愛体験談

\あの人は今どんな気持ちなの?/

▶毎月最大2,450円分無料で占える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です