眠れない夜にアプリで出会った。福岡と東京で年下の彼と遠距離恋愛中の女性の体験談

福岡と東京で遠距離恋愛

福岡県在住31歳女性×東京都在住27歳男性
アプリで出会い、遠距離恋愛の恋人ができました。

カップル

眠れない夜に何気なく使っていた雑談アプリ。何気なく話しかけた相手が恋人になるなんて思いもしなかった…。

そんな不思議な出会いにより遠距離恋愛がスタートした女性の体験談を紹介します。

眠れない夜に雑談アプリで出会った

彼と出会ったきっかけは雑談ができるチャットアプリでした。

彼が深夜に「眠れない方話しませんか?」という書き込みをしていたところに、わたしが話しかけて毎日連絡を取り合うようになりました。

2人とも寝付きが悪いことに悩んでいたので話が合い、いつの間にかLINEや電話をするのが当たり前の毎日に。

徐々にお互いのプライベートなことも話すようになり、どんどん仲が深まっていきました。



飛行機に乗って会いに来てくれた

知り合ったきっかけがアプリだったので、付き合う前から彼とは離れたところに住んでいました。

毎日LINEや電話をするうちに恋愛感情が芽生え、アプリで知り合った2週間後には彼が飛行機で会いに来てくれました。

「LINEや電話ではなく直接会って伝えたかったから」と会った日に告白されOKしました。

告白された時に「しばらく遠距離恋愛になるけど大丈夫?」という確認をされましたが、彼となら大丈夫だと思ったので受け入れました。

遠距離恋愛中のデートの頻度はどれくらい?

1ヶ月に2回のペースで会います。お互いに1回ずつ行きあってます。

デートが終わる頃に突然彼からのサプライズ!

デートが終わって宿泊先で2人でくつろいでいる時に、突然彼から指輪を渡されました。2人のイニシャルと、付き合うことになった記念日が刻印された指輪です。

何の前触れもなかったのでびっくりしましたが、本気でわたしのことを大切に思ってくれているんだなと感動しました。

遠距離恋愛での私の失敗…

「毎日この時間に電話しよう」というルールを作ってしまったことです。

現実的に考えるとお互い生活リズムが違うし、社会人なので疲れている日もあって、毎日はできなくなりました。

電話の回数を減らしたいことを彼に伝える時は何だか言いずらかったし、無理な約束はしないことだなと思いました。

LINEのアルバム機能で思い出を共有

デート中の思い出の写真をお互いにLINEのアルバム機能にアップして共有しています。

離れている時間もアルバムを見返していると、彼との楽しかった時間を思い出すことができます。会うたびにアルバムに思い出の写真が増えていくことはとても嬉しいです。

遠距離恋愛を成功させるために必要だと思うこと

普段から自分の気持ちを素直に伝えることだと思います。

「好き」という愛情表現だけでなく、「会いたい、寂しい」という気持ちも素直に伝えるようにしています。彼も寂しい時は気持ちを伝えてくれるので「わたしを必要としてくれているんだなぁ」と安心します。

素直に気持ちを伝え合うことで、信頼関係ができていくのではないかと思います。

会える予定だったのに…

会える日にちが迫って来た時に、日程を延長されてしまったのは悲しかったです。

それは仕事の都合でやむを得ないことだったのですが、急に延長されると悲しいものです。

会える日を待ちわびて、美容室やネイルに行ったりしていたのでガッカリでした。

今遠距離恋愛を頑張っている人におすすめな音楽

石崎ひゅーい「花瓶の花」


たくさんの人の中から「君をやっとみつけたんだ」という尊い出会いを歌ったバラード曲です。

遠距離恋愛は辛いこともたくさんありますが、彼は世界でたったひとりの大切な人です。
この曲を聴くと、「彼と辛いことも乗り越えて行こう!」というポジティブな気持ちになります。

歌詞はこちら

ほかの人の遠距離恋愛体験談はこちら

\あの人は今どんな気持ちなの?/

▶毎月最大2,450円分無料で占える!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です