【防犯対策】エレベーター付き物件に引っ越す時にチェックしたいポイント

エレベーターの防犯対策

見知らぬ人と2人きりになってしまう可能性があるエレベーター。

エレベーターの中で痴漢や強姦などの性犯罪被害が発生してしまったり、その場では被害に遭わなくても住んでいる部屋を知られて空き巣や強盗などの被害に遭ってしまったりする場合があります。

エレベーターに乗る際に実践できる防犯対策をまとめました。

エレベーターのセキュリティをチェックする

エレベーターがある家に引っ越す場合は、エレベーターのセキュリティ機能や防犯対策を確認してから入居先を決めましょう。

オートロックマンションは外からの侵入を防いでくれますが、集合住宅であるためエレベーターに乗らなければいけない場合が多いですよね。

防犯対策として役立つエレベーターのセキュリティシステムを紹介します。

警報ボタンを押した時の動作

エレベーター内の警報ボタンを押した時にどんな動作が行われるのか、入居を決める前に確認しておきましょう。

エレベーターの防犯システムとして、最初に確認しておきたい重要ポイントです。

警報ボタンを押した後の動作は建物によって異なります。

・警報が鳴って外部の人に異常事態を知らせる
・最寄り階へ停止して扉を開ける
・一定時間動作が止まる
・各階停止運転に切り替わる
・コールセンターや管理人と通話ができる

一般的にはこれらの動作を行うエレベーターが多いです。

緊急事態になるまで警報ボタンの仕組みを知らないと、「警報ボタンを押して初めて通話ができないと知った」「管理人がいない深夜は誰にも繋がらない」という状態になってしまう可能性もあります。

メンテナンス会社との契約状況や建物の構造によって実現できないシステムもあるため、エレベーター付き物件を選ぶ時には「警報ボタンを押した後にどうなるのか」というポイントに注目してみましょう。

エレベーター内の防犯カメラシステム

エレベーター内に防犯カメラを設置し、各階の乗り場に設置した液晶モニターにリアルタイムの映像を映し出してくれる防犯システムです。

エレベーターに乗る前に中に人がいるのか確認できるため、見知らぬ人と1対1で乗り合わせる可能性を減らせます。

エレベーター内全体を映し出せるので、扉から見えない死角部分に不審者が隠れる…ということもできません。

防犯カメラで撮影した映像を映し出す液晶モニターがエレベーター内にも設置されている場合もあります。

エレベーター内と乗り場の両方で「見られている」と強くアピールできるため、犯罪抑止効果が高められるのです。

マンションだけでなく、大型ショッピングモールなどで採用されている場合もあります。

各乗り場に設置されている液晶モニターで映像を確認できるので、「防犯カメラが作動していない・壊されている」などのミスにも早く気付けるメリットもあるのです。

「防犯カメラは付いているけど故障していた」「実はダミーカメラで、映像は撮れていない」という場合もあるので注意しましょう。

ダミーカメラは犯罪防止に効果的ですが、ダミーだと気付いて悪い考えに及ぶ人もいるので注意が必要です。

オートロック・インターホン連動システム

帰宅時にエントランスの鍵を開錠した際にオートロックシステムに連動して、エレベーターをエントランス階に呼び寄せて自動的に自分が住んでいる階に到着してくれる防犯システムです。

来客時は室内インターホンからのエントランスの開錠に連動し、エレベーターがエントランス階に向かいます。

エレベーターを待っている間に不審な人物と遭遇…という心配がなくなります。

また防犯対策だけでなく、時間を有効活用できるメリットもあるのです。

大型防犯窓付きドア

一般的なエレベーターの窓は、大人の腰から下が見えない・小学生の身長だと外が見えない場合が多いですよね。

ショッピングモールなど公共の場のエレベーターだと、扉が開くまで中が全く見えないエレベーターもあります。

外から中が見えないエレベーターは、「見えていない」ということから犯罪者が犯行に及びやすい環境をつくってしまいます。

また防犯カメラが付いていないエレベーターだと、大人でも座り込んでしまえば外から中を見ることができません。

「見えない」というだけで犯罪が起きる可能性が高くなってしまうのです。

大型防犯窓付きのエレベーターは不審者から身を守ってくれるだけでなく、中で人が倒れている時にも発見しやすくなります。

エレベーター内の異常検知機能

威嚇や暴力などの犯罪行為による異常を検知した際に、最寄り階に自動停止させてエレベーターの扉を開けてくれる防犯システムです。

急病や泥酔などで倒れてしまった場合に音声で呼びかけ、エレベーターの運転を停止させるシステムもあります。

エレベーターは「動く密室」と呼ばれるほど犯罪が起きやすい場所です。

緊急事態に自動で最適な動作を行ってくれる異常検知機能が備わっていると、安心して利用できますね。

直行運転への切替

同じマンション内の住人でもエレベーターに乗り合わせるのは怖いですよね。

他の階から人が乗ってくるのを避けたい時に利用できる、目的階までの直行運転に切り替えられるシステムがあります。

エレベーターに乗車した後に切替ボタンを押してから行き先階を押すことで、目的階に到着するまで他の階で止まりません。

エレベーター内に自分しかいないことを確認してから切り替えることができるので、見知らぬ人と乗り合わせた状態で直行運転に切り替わる…という心配もないです。

知らない人と乗り合わせないための防犯対策

引越し先選びでは防犯カメラ付きのエレベーターを選ぶことができますが、外出先で中の様子が見えないエレベーターに乗らなければいけない場合もありますよね。

外出時にセキュリティ機能が十分に備わっていないエレベーターに乗る時には、「1人で乗らない」「人と乗り合わせないようにする」など防犯対策が必要です。

エレベーターに乗る前には、2つのポイントに注意しましょう。

周囲に不審な人がいないか確認する

エレベーターに乗る時は、まず周囲を見回して不審な人物が隠れていないか確認しましょう。
自分1人と思って乗り込んだら、続けて知らない人が急に乗り込んでくる…という場合もあります。

この場合エレベーター周辺の死角に隠れていたり、帰り道に尾行されていたりした可能性が高いです。

エレベーター付き物件に住んでいる方は、自宅までの帰り道に誰かに尾行されていないか確認しましょう。

オートロックのマンションでも、一緒に入ってくる人がいないか注意深く見ておく必要があります。

知らない人と乗り合わせないようにする

エレベーターの中に入ってしまうと、次の階に到着するまで降りることができません。

エレベーターを待っている時に他の人が来たら、先に乗ってもらうように譲りましょう。

「一緒にどうぞ」と声をかけられる可能性もありますが、防犯対策としては一緒に乗らないように避けるのがおすすめです。

1人でエレベーターを待っている間に知らない人が来てしまったら、電話が鳴った振りをして譲るのがおすすめです。

エレベーターの中は携帯電話の電波が繋がりにくい場合が多いので、「電話が鳴った」という理由でその場を立ち去れば相手がいい人でも不快な思いをさせることはありません。

ご自宅がエレベーター付き物件の場合は、子供用の携帯電話はこんな場面でも役立ちます。
電話に出る振りをするためには、携帯電話が必要です。

最初に紹介したようなセキュリティ対策が行われていない場合は、お子様に携帯電話を持たせてあげましょう。

子供用の携帯電話には、下校時や外出時の連れ去りやわいせつ被害を防止する力もあります。

「お母さんが病院に運ばれた」「犬を探すのを手伝ってほしい」と不審な声かけをされた時にも、「電話をして聞いてみます」と断ることができますよね。

格安SIMのトーンモバイルは、GPS機能やフィルタリング機能、異常事態を検知して保護者のスマホに通知してくれる機能などさまざまな見守りシステムが搭載されています。

学校内でアプリやゲームなど余計な機能が使用できないように制限できるので、子供用の携帯電話としておすすめです。

▼他にはこんな記事がおすすめ
【一人暮らしの防犯対策】宅配便や郵便など荷物の受取り方7選
【iPhoneを安く買う方法】格安SIMやキャッシュバック・下取りを活用する。
【子供を犯罪から守りたい】小2のとき知らない大人に無理やりキスされた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です