カフェインレス・ノンカフェイン・デカフェの違いって何?

カフェインレス・ノンカフェイン・デカフェの違い

先日私は27歳で初めて胃カメラを飲んだのですが、胃痛の原因はコーヒーでした。「なぜかコーヒーを飲んだ時に胃が痛くなる…」私と同じように感じている人もいるのではないでしょうか。

胃が痛くなるのは嫌だけどコーヒーは好きなので、上手く付き合っていきたい( ;∀;)

そんな風に思い、カフェインレス・ノンカフェイン・デカフェの違いについて調べてみました。

カフェイン・ノンカフェイン・デカフェの違い

カフェインの摂取量を確認する際に覚えておきたいのが、カフェイン・ノンカフェイン・デカフェの違いです。この3つの表示の中でカフェインが全く含まれていない商品は、実は1つしかありません。

カフェインレス

カフェインの含有量が少ないコーヒーのことを指しているので、少量のカフェインは含まれています。0.1%など一定の基準未満と定められている地域もありますが、日本では明確な基準は定められていません。

ノンカフェイン

カフェインが全く含まれていない飲み物のことを指しています。カフェインを一切摂取したくない場合はノンカフェインがおすすめです。「カフェインフリー」と呼ばれることもあります。カフェインが身体に合わない場合や妊娠中などカフェインの摂取が気になる場合は、「ノンカフェイン」表示のものを選びましょう。

デカフェ

カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いて減らしたもののことを「デカフェ」と呼びます。デカフェも少量のカフェインが含まれている飲み物です。

※参考サイト
ウチコト、SUZUKI COFFEE

妊娠中や授乳中のカフェイン摂取について

「妊娠中はカフェインの摂取を控えた方がいい」

と聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

カフェインには血管を収縮させる作用がある為、妊娠中に大量のカフェインを摂取してしまうと以下の5つのリスクを増加させると考えられています。

・流産
・早産
・低体重児
・低酸素状態
・発達障害

カフェインは胎盤を通じてお腹の中の赤ちゃんにも伝わります。赤ちゃんは内臓機能が未熟な為、カフェインを上手く排出できず身体の中にカフェインが溜まってしまうのです。

またカフェインは鉄分の吸収を妨げる為、妊娠中にカフェインを摂取すると妊婦さんの貧血の原因となってしまいます。

授乳中にカフェインを摂取した場合も、母乳を通して1%程度カフェインの一部が赤ちゃんにも移行してしまうので注意しましょう。
(※参考サイト:MIMI STAGEより)

▼他にはこんな記事がおすすめ
医療費の削減・節約に効果的なジェネリック医薬品ってどんな薬?

27歳で初めて胃カメラを飲んだ。費用や内視鏡検査の流れについての話。
めかぶ納豆には口臭予防効果がある!口臭の原因・日常的にできる対処法を紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です