青汁が持つダイエットに最適な成分と作用が魅力的!効果的な3つの飲み方

青汁が持つダイエットに効果的な成分

痩せたい…!そう思っていろんなダイエット方法に挑戦している人の中には、青汁ダイエットに興味を持っている人もいるのではないでしょうか。この記事では青汁が持つダイエットに効果的な働きと、青汁を使った3つのダイエット方法について解説しています。

なぜ青汁がダイエットに効果的なのか

青汁ダイエットの評判を聞いても、具体的に何がダイエットに効果的なのかわからないと挑戦しづらいですよね。また「青汁」としてさまざまな商品が販売されている為、どの青汁を選べばいいのかわからない…という人もいるのではないでしょうか。青汁の中に含まれているどんな成分がダイエットに効果的なのか、調べてみました。

青汁の基本成分

商品によって多少配合されている成分に違いはありますが、青汁は基本的に「ケール・大麦若葉・明日葉」の3つを原材料として作られています。この3つの基本原料に青汁がダイエットに効果的な理由があるのです。

・ケール
ビタミン・ミネラル・食物繊維・β-カロテン・ルテインを豊富に含んでいる、かなり栄養価が高い野菜です。その栄養価の高さから、ケールは「緑黄色野菜の王様」とも呼ばれています。

ビタミンB1はエネルギー代謝のサイクルをスムーズにしてくれ、ビタミンB2には脂肪を燃焼させてエネルギーに変えてくれる効果があります。ミネラルは代謝を高めてくれる栄養成分です。ミネラルやビタミンは体内で合成できない栄養成分なので、青汁を飲むことで食事で摂取できない不足分を補うことができます。

またβ-カロテンは抗酸化作用があり、アンチエイジングや免疫力の向上にも効果的な成分です。ルテインには目を紫外線から守り、眼精疲労を緩和してくれる働きがあると言われています。

・大麦若葉
「活性酵素を除去する酵素」という意味のSOD酵素という特有成分を持っている野菜で、SOD酵素は抗酸化作用を持っています。肌トラブルや生活習慣病、動脈硬化に効果的な成分です。しかしSOD酵素は普段の食生活では摂取しづらい酵素の1つとも言われています。

・明日葉
大麦若葉と同様に豊富なSOD酵素を持っている野菜です。また明日葉には利尿作用があるカリウムや、脂肪の蓄積を抑制してくれるカルコンも豊富に含まれています。カルコンは脂肪の燃焼を促進させる作用や抗酸化作用も持っていて、抗メタボリックシンドロームホルモンと言われるアディボネクチンを増加させてくれる働きもあるのです。

豊富な栄養成分が基礎代謝を向上

人間の基礎代謝量は、年齢を重ねるごとに低下してしまうと言われています。基礎代謝が低下してしまうと、消費されるべきエネルギーが皮下脂肪に蓄積されてしまうのです。さらに血流も悪くなり、太りやすい体質になってしまいます。

青汁を飲むことで同時にさまざまな栄養成分を摂取でき、野菜不足を補い基礎代謝を高めてくれるのです。大人になるにつれて太りやすくなってしまったという人は、基礎代謝量の低下や運動量の減少が原因である可能性も考えられます。

腸内環境の改善に効果的な食物繊維

第6の栄養素と呼ばれることもあるほど、多くの働きを持っている食物繊維。特に食物繊維の働きの中でも美容に効果的な作用が、腸内環境を整えてくれる働きです。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、2つの食物繊維をバランスよく取り入れると便秘予防や体内の余分なものを排出できます。2つの食物繊維のうち、青汁にはコレステロールの排出を促してくれる水溶性食物繊維が多く含まれているのです。水溶性食物繊維には血糖値の上昇をゆるやかにする働きも期待できます。

一方不溶性食物繊維には大腸のぜん動運動を促進させる効果があります。不溶性食物繊維は豆類やキノコ、野菜に多く含まれていて、普段の食事から摂取しやすい食物繊維です。しかし水溶性食物繊維の場合はこんにゃく、イモ類、昆布など特定の食べ物からでしか摂取できません。青汁は水溶性食物繊維を手軽に摂取できる飲み物です。

食物繊維の働きにより体内の余分なものが排出されると、腸内環境が整います。腸内環境が整うと、血行がよくなりダイエット中も新陳代謝を正常に保てるようになるのです。

青汁を使った3つのダイエット方法

青汁はいつでも手軽に飲めるのが魅力的ですが、いつどんなタイミングで飲めばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。青汁を使ったダイエット方法は1つではありません。どんなダイエット方法を選ぶかによって、青汁を飲むべきタイミングが異なります。自分に合った青汁ダイエットを探してみましょう。

青汁置き換えダイエット

1日の食事のうち1~2色を青汁に置き換えるダイエット方法です。初めての青汁置き換えダイエットにおすすめなのが昼食の置き換え。特に仕事が忙しく、ゆっくりと食事をする時間がない時に挑戦すると空腹を感じにくくなります。

しかしより効果的に青汁置き換えダイエットを行いたい場合には、夕食の置き換えがおすすめです。夕食は1日の食事の中で、最も多くのカロリーを摂取しやすく太りやすい時間帯の食事です。18時を過ぎると、代謝が落ちてきてカロリーを消費する力が落ちてしまいます。夜は副交感神経が高くなり、代謝が低くなる時間帯です。

他の時間と同じ内容の食事でも夕食で摂取したエネルギーは消費しづらく、消費されなかったエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。夕食を青汁に置き換えることで、体脂肪として蓄積されてしまい余分なエネルギ―を減らすことができるのです。

青汁食べ順ダイエット

1食を青汁に置き換えるダイエット方法だと、空腹に負けて継続できない…。そんな人には、青汁の食べ順ダイエットがおすすめ。「食事の30分程度前に青汁を飲んで、少し時間を空けてから食事を開始する」というダイエット方法です。

青汁の後の食事の順番は、野菜類→魚・肉類→ご飯の順に食べましょう。青汁を食事前に飲むと、食物繊維の働きで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。また満腹中枢も刺激される為、青汁の後に食べる食事の量を減らすこともできるのです。

便秘改善には就寝2~3時間前や朝の1杯

便秘が原因で太りやすくなっている人には、就寝2~3時間前に青汁を飲むのもおすすめです。青汁に豊富に含まれている水溶性食物繊維には、便秘を改善してくれる効果もあります。就寝前に青汁を飲むと、翌朝の快便に導いてくれるのです。

また便通が最も生じやすい朝に飲むのも便秘改善に効果的です。体内の臓器が目覚める朝に夜の間休んでいた胃腸に水分を流し込んであげると、刺激を与えられた胃腸が目覚めて排泄が生じやすくなります。

ただし青汁を飲みすぎてしまうのにも注意が必要です。青汁には豊富に野菜が使われている為、水溶性食物繊維だけでなく不溶性食物繊維も多く含まれています。便通を促す為には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取しなければいけません。

もしも青汁を飲んで便秘が悪化してしまった…という場合には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の摂取バランスが取れていない可能性が考えられます。青汁の飲みすぎや他の食事からの栄養の不足など、食物繊維のバランスが崩れている原因がないか見直してみましょう。

青汁で健康的にダイエット

青汁はダイエットに効果的なだけでなく、便秘の改善やアンチエイジングなどにも嬉しい効果を持っている飲み物です。筋トレで鍛えたい筋肉に合った動きを行うように、青汁も飲み方によっていろんな効果を発揮してくれます。自分に合った青汁の飲み方を探してみましょう。

▼他にはこんな記事がおすすめ
ポイントサイト「moppy」の効率よく稼げる使い方!10年間使ってみてわかった稼ぐコツ。
1カ月で5キロ痩せる!10種類のダイエット方法で短期間で痩せた体験談。
どんな賃貸物件の家賃でもクレジットカード払いができる「クレカリ賃貸」が便利でお得!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です