青汁を使ってできる3つのダイエット方法

青汁を使って挑戦できる3つのダイエット方法を紹介します。

青汁を使った3つのダイエット方法

青汁はいつでも手軽に飲めるのが魅力的ですが、いつどんなタイミングで飲めばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。どんなダイエット方法を選ぶかによって、青汁を飲むべきタイミングが異なります。

青汁置き換えダイエット

1日の食事のうち1~2色を青汁に置き換えるダイエット方法です。初めての青汁置き換えダイエットにおすすめなのが昼食の置き換え。特に仕事が忙しく、ゆっくりと食事をする時間がない時に挑戦すると空腹を感じにくくなります。

しかしより効果的に青汁置き換えダイエットを行いたい場合には、夕食の置き換えがおすすめです。夕食は1日の食事の中で、最も多くのカロリーを摂取しやすく太りやすい時間帯の食事です。18時を過ぎると、代謝が落ちてきてカロリーを消費する力が落ちてしまいます。夜は副交感神経が高くなり、代謝が低くなる時間帯です。

他の時間と同じ内容の食事でも夕食で摂取したエネルギーは消費しづらく、消費されなかったエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。夕食を青汁に置き換えることで、体脂肪として蓄積されてしまい余分なエネルギ―を減らすことができるのです。

青汁食べ順ダイエット

1食を青汁に置き換えるダイエット方法だと、空腹に負けて継続できない…。そんな人には、青汁の食べ順ダイエットがおすすめ。「食事の30分程度前に青汁を飲んで、少し時間を空けてから食事を開始する」というダイエット方法です。

青汁の後の食事の順番は、野菜類→魚・肉類→ご飯の順に食べましょう。青汁を食事前に飲むと、食物繊維の働きで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。また満腹中枢も刺激される為、青汁の後に食べる食事の量を減らすこともできるのです。

便秘改善には就寝2~3時間前や朝の1杯

便秘が原因で太りやすくなっている人には、就寝2~3時間前に青汁を飲むのもおすすめです。青汁に豊富に含まれている水溶性食物繊維には、便秘を改善してくれる効果もあります。就寝前に青汁を飲むと、翌朝の快便に導いてくれるのです。

また便通が最も生じやすい朝に飲むのも便秘改善に効果的です。体内の臓器が目覚める朝に夜の間休んでいた胃腸に水分を流し込んであげると、刺激を与えられた胃腸が目覚めて排泄が生じやすくなります。

ただし青汁を飲みすぎてしまうのにも注意が必要です。青汁には豊富に野菜が使われている為、水溶性食物繊維だけでなく不溶性食物繊維も多く含まれています。便通を促す為には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取しなければいけません。

もしも青汁を飲んで便秘が悪化してしまった…という場合には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の摂取バランスが取れていない可能性が考えられます。青汁の飲みすぎや他の食事からの栄養の不足など、食物繊維のバランスが崩れている原因がないか見直してみましょう。



▼他にはこんな記事がおすすめ
市販のクレンズドリンクの販売価格を比較!ダイエットにおすすめな商品を紹介。
1ヶ月で5キロ痩せた!おすすめダイエット方法10選【短期間で痩せる】

青汁が持つダイエットに最適な成分と作用が魅力的!効果的な3つの飲み方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です