エアコンがくさい!エアコンの嫌な臭いの原因・対処法・予防法まとめ

エアコンが臭い時の対処法

熱くなってくると使用頻度が高まるエアコン。涼しい風を送り出してくれるエアコンは、夏を快適に過ごす為に欠かせないですよね。しかしエアコンをつけるとなんだか嫌な臭いがする…こんな時ってありませんか?エアコンから発生している臭いの原因と対処法について解説します。


エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いの原因は1つではありません。原因によって対処法が異なるので、まずはエアコンの嫌な臭いの原因が何なのか突き止めてみましょう。

エアコン内部に発生したカビが臭っている

エアコンは構造上、内部にホコリが溜まったり結露ができやすかったりする傾向があります。カビ菌は湿度を好む為、エアコン内部に溜まったホコリを栄養源にして繁殖してしまうのです。カビ菌による席喘息や肺の病気などもあり、エアコン内部のカビは放置していると健康状態にも影響を与えます。エアコンの臭いの原因の8割はエアコン内部に発生したカビである場合が多いです。

煙草・汗・料理の油などの臭い

エアコンは部屋の中の空気を吸い込んで、本体もしくは室外機に搭載された熱交換器を用いて室内の空気の温度を調整しています。室内に嫌な臭いが充満している状態のまま放置していると、エアコンは空気と一緒に嫌な臭いも吸い込んでしまうのです。

特に煙草のヤニや料理に使用する油は、エアコンの内部のフィンやファンなどにべったりと付着してしまいます。より一生ホコリや汚れが溜まりやすくなり、カビが発生する原因にもなるので注意しましょう。

エアコンが臭い時の対処法

エアコンのスイッチを付けたら、「なんだか臭い…!」と感じる時ありますよね。エアコンの臭いの対処法の中には、道具を使わずにできる簡単な対処法もあります。自分の状況に合わせて、対処法を使い分けてみましょう。

暖房または冷房で送風運転してカビ菌を死滅させる

エアコン内部のカビ菌は、乾燥に弱い性質を持っています。1時間以上エアコンを高温(30度程度)に設定して送風運転を行うと、エアコン内部のカビを死滅させることができます。ただしエアコンを高温に設定して送風運転する時は、窓を開けた状態で行うように注意しましょう。

またエアコンを冷房16度に設定して1時間以上運転するという方法もあります。冷房の場合も、窓を開けて運転してください。冷房の場合、エアコン内部に結露を発生させ、溜まったカビや雑菌を洗い流してもらう方法です。カビや雑菌を洗い流した後の結露水はドレンホースから排出されます。ただし暖房・冷房どちらの方法も、1週間後には再度臭いが発生する場合が多いです。

カビ防止スプレーを使用する

カビの臭いを消臭してくれるエアコン用のカビ防止スプレーを使用する方法もあります。来客前など、一時的にカビの嫌な臭いを除去したい時におすすめの方法です。ただしカビそのものを除去する力はないので、一時的にしか臭いを対処することはできません。

▼実際にエアコンの防カビスプレーを使用してみたレビュー記事です。(2020年6月25日(木)更新)

アース製薬の「らくハピ エアコンの防カビスプレー」を使ってみた!【写真付きレビュー】


アース製薬 らくハピ エアコンの防カビスプレー 無香性 350ml

運転開始後10分間は窓を開けておく

エアコンの運転開始直後は、内部に溜まっているカビの胞子がエアコンの風に乗って外部に一気に放出されてしまいます。瞬間的に臭いを対策したい場合は、運転を開始してから10分程度窓を開けて換気しておきましょう。カビの嫌な臭いが部屋の外に出
て、室内に臭いがこもりにくくなります。来客の予定があるなど、時間がない時の対処法としてはこの方法がおすすめです。

自分でエアコンを掃除する

「エアコンが臭い…」と感じた時に時間に余裕があれば、自分でできる範囲でエアコンを清掃するのがおすすめです。エアコンに「お掃除モード」が付いている場合もありますが、フィルターの掃除しかできずフィンやファンは掃除できない機種もあります。目で見える部分のフィンやファンを拭き取るだけでも嫌な臭いが発生しなくなるので、フィルター・フィン・ファンを自分で掃除してみましょう。

エアコンクリーニングのプロに依頼する

自分でできるところまでエアコンを掃除してみたけど、臭いが全く解消されない…。そんな時には、エアコンクリーニングのプロに依頼してみましょう。エアコンを分解しないと掃除できないような部分は、自分で掃除できないですよね。表面には見えない奥の部分までカビ菌が蔓延してしまっている場合があります。

エアコンクリーニングのプロは、業務用の洗剤を使って自分では掃除できない細かい部分までエアコンを徹底的に洗浄してくれます。常にエアコンを清潔な状態で保ちたい場合は、年に一度程度プロの業者にエアコンクリーニングを依頼するのがおすすめです。


エアコンの臭いを事前に予防する方法

自分で掃除したりプロに依頼したりして綺麗になったエアコン。また同じように嫌な臭いが再発してしまうのは防ぎたいですよね。また新しくエアコンを購入したら、使い始めから嫌な臭いが発生しないように予防しておくのが理想的です。ホコリが溜まったりカビが発生したりするのを防ぐ為にできる予防法について見ていきましょう。

定期的にフィルターを掃除する

エアコンのフィルターってホコリが定着しやすい部分なんです。ホコリが溜まっているとカビはホコリを栄養源として繁殖してしまうので、エアコンのフィルターは定期的に綺麗に掃除しましょう。またフィルターが目詰まりしている状態のまま放っておくと、冷暖房効率が悪くなってしまいます。電気代を無駄に使用しない為にも、フィルターは最低でも1ヶ月に1度は綺麗に掃除するのがおすすめです。

こまめに部屋の換気を行う

エアコンの臭いがカビではなく部屋そのもの臭いである場合、こまめに換気を行うだけでも嫌な臭いが発生するおを防ぐことができます。

全く使用しない時期にも月に一度動かす

エアコンは夏や冬以外の全く使用していない時期にも、ホコリが溜まったりカビが繁殖してしまったりする場合があります。エアコンを清潔な状態で保ちたい場合は、月に一度1時間以上の送風運転を行いましょう。月に一度の運転だけでも、中のホコリやカビ菌を放出できます。

運転を停止する前に送風運転を行う

冷房や暖房をした後、いきなり電源を切ってしまうと中に結露が溜まっているまま放置されてしまいます。エアコンの電源を切る際には、1時間以上送風運転を行うのがおすすめです。エアコン内部を乾燥させると、嫌な臭いの原因であるカビが生えづらくなります。

エアコンが臭うな…と思ったらすぐに対処する

エアコンの臭いの原因がカビだった場合、「臭いけど我慢しよう…」などと考えて臭いを放置しないようにしましょう。エアコン内部に発生したカビを放置してしまうと、臭いだけでなく体にも悪影響を与える場合があります。「なんだかエアコンが臭うな…」と思った時にすぐに対処することで、嫌な臭いを除去するだけでなく健康を守ることもできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です